街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

労働の漫画コラムもしかしたら働きすぎかも?月の残業が40時間超えてる場合…(漫画付き)

この漫画コラムについて漫画を書いている作家一覧

  1. ぬこー様

    この漫画を描いた漫画家 この漫画のサムネイル

日本では残業が全くない企業はほとんど存在しないというのが実情です。 それどころか、毎日のように長時間の残業を強いているところも珍しくありません。
そして、聞こえてくるのは「月に40時間くらいの残業は当たり前」などといった声です。
しかし、月に40時間の残業は本当に当たり前であり、働きすぎにはあたらないのでしょうか。 そこで、月に40時間の残業がどのようなものなのかを考察し、また法律的にそれが許されているのかどうかなどについて解説をしていきます。

月の残業が40時間… 毎日どのくらい残業をしているの?

月に40時間の残業とはどのようなものなのでしょうか。 それを実感としてつかむためには1日当たりの労働時間に換算する必要があります。
職場が完全週休2日制を導入している場合、従業員の出勤数は月に20日ほどです。
その状態で月40時間残業すると、1日平均2時間ということになります。 2時間という数字だけを見ると「良くあること」と思うかもしれません。

しかし、この数字の持つ意味を本当に理解しようと思えば、もっとリアルに想像をめぐらせてみる必要があります。 一般的な会社は1時間の休憩を挟んで8時間勤務であり、9時出勤18時退社というところが多いはずです。 そこから2時間残業となると仕事を終えて会社を出るのは20時過ぎになります。
家までの距離は人によっても異なりますが、よほど近所に住んでいない限りは、帰宅したころには21時を過ぎているでしょう。

まだ若く、独身であればそれでもよいかもしれません。 しかし、既婚で小さな子どもがいる場合、それは親子が触れ合う時間を全く持てないことを意味します。
また、現代では共働きの夫婦が増えていますが、夫が毎日21時過ぎに帰宅していたのでは子育てや家事の負担が片方に集中してしまうことになります。
こうして考えていくと、月に40時間の残業は決して少ないとは言えないことがわかるはずです。

月に40時間の残業はOKなの?

労働基準法で定められている労働時間は1日8時間、週に40時間です。 経営者側がそれ以上の労働を労働者に強いることは原則的に認められていません。したがって、本来であれば40時間の残業は完全な違法です。 しかし、これには例外があります。
労働者の過半数の代表者と経営者側の人間が話し合い、合意に達すれば週40時間以上の労働も可能となるのです。 もちろん、これは口約束を交わせばOKという話ではありません。

両者の合意を示す労働協定書を作成したうえで、それを所轄の労働基準監督署に提出する必要があります。 この一連の手続きは労働基準法の36条に基づいて行われるところからサブロク協定と呼ばれています。

ちなみに、サブロク協定を結べばいくらでも残業をさせてよいというわけではありません。 サブロク協定締結時の残業時間は1週間で15時間、1カ月で45時間、1年間で360時間という上限が定められているのです。それでも、月40時間の残業であれば合法の範囲内です。ただし、これを9カ月以上続けると1年で360時間という上限をオーバーしてしまうので、月40時間の残業が無制限に許されるわけではないという点は押さえておいたほうがよいでしょう。【関連記事】:残業時間には上限がある!サブロク協定の規定とは

月に40時間の残業が多いと感じたら

月40時間の残業が法律的には問題ないとしても、個人がそれを多いと感じるかどうかは別問題です。

残業代が出るのであればむしろ積極的に残って仕事がしたいという人もいれば、家庭があるのでできれば定時に帰りたいという人もいます。
重要なのは仕事に対する自分の価値観を大切にし、それが現状と合わないときは改善策を考えていくことです。たとえば、もし仕事の量は同じなのに周りの人よりも残業が多くなるというのであれば、仕事のやり方を見直して早く仕事を終わらせる工夫をする必要があります。しかし、みんな同じように残業をしていて、先に帰りづらいというだけであれば、思い切って先に帰ってしまうのもひとつの手です。

仕事に問題がなければ、その行為をとがめることはできないはずですし、それに周りの人も内心は帰りたいと思っているのにきっかけがつかめずに残っているだけといったケースも考えられます。
さらに、企業の組織体制に問題があって、どう考えても定時には終われない量の仕事を押し付けられているといった場合もあります。
また、それが一時的なものならまだよいのですが、そのような状態が常に続くようであれば個人の努力ではどうしようもできないでしょう。そんなときは転職も選択肢のひとつに加えたほうがよいかもしれません。
【関連記事】:拒否はできない?残業の強制力とは

自分の価値観を大切に!仕事の捉え方を変えるのも方法

社会に出るとよく「40時間ぐらいの残業は当たり前」とか「ほかの職場に行くと残業はもっと多い」などといった声が聞こえてきます。
そのため、油断しているとつい現状に流されてしまいがちです。

しかし、そのように惰性で働いていてもよい仕事はできませんし、働く喜びを得られることもないでしょう。
そこで、仕事に対する捉え方を変えてみるのもひとつの方法です。
仕事はすべてにおいて優先すべきことだとは考えずに、どうしても自分の価値観と相いれない場合は家庭を優先したり、転職を検討したりしてみるのです。
日頃からそういったスタンスでいれば、残業を押し付けられて身も心もくたくたになるといった事態も防げるのではないでしょうか。また、もしも残業していて残業代がもらえてないなら残業代請求シミュレーターを使ってみましょう。簡単に残業代を請求できます。

残業代請求シミュレーター

【500万円残業代を取り返せる方法が話題】
カンタン60秒! 残業代の時効は2年!悩んでる暇はないです。
いくら残業代が請求できるか匿名無料で診断できます!

どなたでもお気軽に診断ができます。