街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

離婚問題の漫画コラム一生愛すると誓ったはずなのになぜ?不倫離婚の実態(漫画付き)

この漫画コラムについて漫画を書いている作家一覧

  1. 石塚大介

    この漫画を描いた漫画家 この漫画のサムネイル

サグリッスルくん捕まっちゃいましたね。本物の探偵に依頼すればこんなことにはならないので、もしパートナー不倫や浮気が心配なら探偵に依頼してみてもいいかもしれないですね。世間的にも浮気・不倫の話題は尽きることのない話題ですが、そもそも結婚するときには永遠の愛を誓ったはずの配偶者でも、不倫をしてしまうのはなぜでしょうか。ある調査によると、およそ7割もの女性が不倫を経験しているという驚きの結果も出ているほどです。そして、それがきっかけで離婚に至ってしまうことも少なくはありません。不倫の原因には年代によっても違いはみられます。結婚してから歳を重ねるごとに変化する夫婦関係の現実と、離婚に踏み切る場合の心の持ち方、考え方について解説します。

なぜ人は家庭崩壊のリスクを冒してまで不倫するのか…?

不倫には相応のリスクが伴います。離婚という最悪な結果を迎えてしまうケースも多く、そうなればお互いが傷つくことになります。
また、子どもがいる場合には養育費の問題も浮上するでしょう。経済的な問題だけでなく、子どもが育つ環境にも影響が出ることも考えられます。
家族で住むために購入したマイホームを手放す人も少なくはありません。

このように、不倫には大きなリスクがつきものです。
しかし、それでも不倫に走ってしまうにはいくつかのタイプがみられます。

20代から30代に多いのが、結婚してから理想と現実のギャップに限界を感じてしまうタイプです。
男性の場合でいえば、自分の収入を自由に使えないことへの不満などがあげられます。
女性の場合は、夫が女性として扱ってくれなくなったなどが原因の1つです。
男女ともに結婚することで自分の時間がなくなってしまうことや、自由がなくなることへの不満などもみられます。

40代以降になると会話が減少したり、すれ違いが増えていったりする傾向もみられ、他の異性に気持ちが向きやすくなります。
また、仕事へのプレッシャーも不倫の原因の1つです。仕事のストレスから解放されたい人もいるでしょう。

50代以降では、子育てが終わることで時間にも生活にも余裕ができることで、不倫の可能性は高くなります。
また、年齢に関係なく、不倫してもばれないと思っている人もいます。

不倫の先は離婚だけ?配偶者に不倫された人の採りうる手段

配偶者が不倫をした場合でも、離婚という短略的な結末以外にも手段は考えられます。

不倫をするときにはお互いに何か不満があったり心のズレが生じていたりすることが多いものです。
そんなときにはしばらく別居をするなどして、それぞれが自分を見つめ直すのもいいでしょう。
離れてみることで、改めて配偶者への気持ちが再認識できることもあります。

また、相手に罪悪感を持たずに不倫に走ってしまうタイプの人は、カウンセリングを受けるのも1つの方法です。
中には1人の相手では心身ともに満足できないという人もいます。
不倫に抵抗がないという人は、プロのカウンセリングを受けるのもいいでしょう。

いずれにしても、少し落ち着いて自分たちを客観的に見る時間を設けるのは必要といえます。
すぐに離婚したいと考えてしまう人もいますが、そんなときこそ冷静に原因や相手への気持ちについて考えてみるべきです。
一定の時間を置き、そこで配偶者に対してどう感じるかで判断しても遅くはありません。

離婚して後悔する人・後悔しない人の違いはどこにある?

不倫がきっかけで離婚に至ってしまうケースでも、後悔する人もいれば後悔しない人もいます。
この違いの1つは、不倫に至るまでの夫婦関係にあります。

すでに夫婦関係が冷めていたというケースです。
結婚という制約に縛られてしまい、自分らしさを失っている場合も考えられます。
きっかけは不倫でも、冷え切った結婚生活を終わらせることができれば、お互いにとって前向きな決断ではないでしょうか。

離婚することで本当に自分に合った人に出会うことができれば、それは結果的に良かったということになります。

しかし、断れないなどの理由で不倫相手の誘いに応じ、その結果、離婚に発展した場合は後悔しやすい傾向があります。
その背景に多いのは、お酒の席や部下の相談に乗るといったものです。
配偶者に対して愛情を持っている場合には短略的に離婚を選択せず、冷静になって考える時間を持つようにしましょう。

離婚を後悔するかしないかは、離婚に踏み切るときに納得できているかどうかが鍵です。

過去は振り返らない!強くなろう

離婚を決断した場合には、できるだけ早く立ち直ることが大切です。
後悔しないために時間を置いて話し合ったり、お互いを見つめ直したりすることは必要でしょう。

しかし、相手がいることですから、配偶者の気持ちが離婚に向いてしまえば受け入れるしかありません。
そんなときには無理に引き留めるより、一度決めたことはしっかり受け止めることです。

過ぎてしまったことは振り返らないようにしましょう。新しい自分になる努力をし、強くなることが一番です。
なかなか傷がいえないときには、何かに没頭するのもいいかもしれません。
仕事でもいいですし、新しい趣味を始めてみるのもいいでしょう。

人間は何かに夢中になったり楽しんだりしているうちに、辛いことを忘れることもあります。
そうしているうち、新しい出会いもあるかもしれません。

離婚に至ってしまった場合は、過去の自分とはできるだけ早く決別して、前向きに新しい生活を始めるのが一番ではないでしょうか。

探偵紹介シミュレーター

【浮気の証拠見つからなかったら0円!】カンタン30秒!
あなたのパートナーが浮気や不倫しいているかも?証拠が欲しいなら、探偵に依頼できます!あなたに合った探偵を匿名無料で診断できます!

どなたでもお気軽に診断ができます。