街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

借金・債務整理の漫画コラム借金が消える!?消滅時効のメカニズム(漫画付き)

この漫画コラムについて漫画を書いている作家一覧

  1. 退屈健

    この漫画を描いた漫画家 この漫画のサムネイル

借金は返済しなければいけないものですが、事情によっては返すことが難しくなってしまう場合もあります。払いたくても払えない債務に頭を抱え、自己破産などの債務整理を考えている人も少なくないでしょう。 しかし、債務整理も返済もせずに、借金が全額消えてしまうケースがあることを知っていますか。 ここでは、借金がすべてなくなる「借金の消滅時効」について解説していきます。 これから説明する条件に当てはまっている場合は、もしかしたらあなたの借金もすでに消えているかもしれません。
「借金の消滅時効」=借金を時効制度を使って帳消しにすること
これから説明する条件に当てはまっている場合は、もしかしたらあなたの借金もすでに消えているかもしれません。

借金の消滅時効-借金の放置は借主より貸主の方が分が悪い!?

借金の時効はどこから借りたのかにもよりますが、法律で定められている時効期間の長さが異なります。
友人や家族などから借りた場合は借りた次の日から10年、法人(銀行や消費者金融等)から借りた場合は5年という時効が定められており、この期間を過ぎると借金の消滅時効が成立し、借金をしているほうは借金を返さなくてもよくなるのです。



ただし、時効が成立するのはこの5~10年の期間中に借金の返済を一度もしていない場合のみです。
借金を貸しているほうは消滅時効が過ぎてしまうとお金を返してもらえない、ということになります。お金を貸している側からすれば、返済しない者を有利に扱うような法律に対して疑問を持つかもしれません。
確かに5年以上もの間返済をしないというのは常識的ではないでしょう。
しかし、中にはやむを得ない理由で返済できない人もいて、法的にはむしろ5年以上もの間、まったく督促せずに放置している者のほうが問題であるとされているのです。

消滅時効が完成していたことを知らずに借金を返してしまった!どうなるの?

通常は最後の返済から5年または10年の間に督促もない状態が続けば、「借金の消滅時効」が成立します。しかし、時効成立直前に請求や督促がくることがあります。
例えば、電話などで返済を求められ「返す」と応じてしまったり、焦って少額でも返済してしまったり…
すると、借金を認めたことになり、その時点で時効は中断、リセットされてしまいます。

また、借りた(貸した)翌日から5~10年が経過し、「借金の消滅時効」が完成していたことを知らずに、借金を一部でも返してしまった場合はどうなるのか。。。

この場合も「債務の承認」、返す意思があるとみなされ、時効のカウントがまたゼロから復活します。
たとえ、消滅時効が完成していても、少額でも返済を行えば「払う意思がある」と判断されてしまうのため、その場合は返済し続けるか、もしくは債務整理などを検討した方が良いでしょう。
つまり、最初に少し言いましたが、少しでも返済した時点で「借金の消滅時効」は成立しないということです。
「借金の消滅時効」を完璧に成立させるには、時効を迎えてさらに「消滅時効の援用」という手続きを行う必要があります。
消滅時効の援用=時効の制度を利用する意思を相手に伝えること
これを行うことで初めて、相手の権利が消滅し、借金をしていた場合それを帳消しにすることができます。時効の期間が過ぎていたとしても、自動的に返済の義務が消えるわけではないのです。
実際に、少しでも払ってしまったあとに「消滅時効の援用」をしても認められないという判決が、昭和41年4月20日に最高裁で出されています。
これは純粋な借金のケースだけでなく、実際には譲渡として受け取ったお金の場合にもいえることです。 何年も経過してから突然「譲渡ではなく貸し付けた」と主張され、万が一少しでも払ってしまった場合は「債務の承認」をしたことになり、返済義務が発生してしまうのです。
そのような事態を防ぐためにも、個人間のお金のやり取りをするときは必ず、書面に残すなどしておくと良いでしょう。

借金時効のメリットとデメリット

【メリット】
・未払い金、延滞金含め全てのお金の支払い義務がなくなること。
→抱えていた金銭面のリスクが全てなくなり、また新たな再スタートを切ることができます。

【デメリット】
・5~10年間、時効成立まで精神的・肉体的ストレスや差し押さえの恐怖と戦う。
・ブラックリストに載ってしまう。
・ローンを組むことができない。
・クレジットカードを作ることができない。

時効制度を利用する事で借金は帳消しにできますが、そこまではかなり長い道のりです。時効が成立するまでの5~10年の間、催促の電話や手紙、差し押さえの恐怖に耐え続けなければなりません。また、当然家族や職場にもバレてしまうため、社会的だけでなく、人間的にも信用を無くしてしまう可能性があります。
貸金業者からの借金を長期延滞すれば信用情報機関に事故情報が登録され、ブラックリストに載ってしまいます。ブラックリストには5年ほど情報が残ってしまうため、その間、ローンを組んだり、カードを作ることはできません。
借金が帳消しになったとしても、借りたお金を返していないということは、社会的信用を失うことになります。

弁護士や司法書士などの専門家に相談してみよう

ここまでで説明したように、借金の消滅時効が完成するかどうかは不確定であり、ただ待っているだけで時効消滅が完成するわけではありません。
メリット・デメリットの部分をみて分かるように、時効制度を利用することは返済義務がなくなる代わりに、多くのデメリットを負わなければなりません。
全体的に考えて、消滅時効を利用して借金の返済を免れようとするのはよい判断とはいえません。

やむを得ず返済ができないと分かった時点で、時効成立の可能性にかけるよりも、早期に債務整理などの方法をとる方が、気持ちの面でも将来的にもプラスになるといえるでしょう。

なぜかというと、請求や督促がこないからといって、必ずしも時効が成立するとは限らないからです。 時効をカウントしてからの10年は、のちに時効が完成していなければさらに長い年月を同じように過ごさなければなりませんが、債務整理を行ってからの10年なら、すでにブラックリストから名前は削除され、ローンやカードもつくることができているでしょう。
一番良いのは借金をしないことですが...もしも借金が膨らんでしまい返済できなくなったときは、弁護士や司法書士などの専門家に相談しながら、堅実に解決していく道を模索した方が債務者にとってのメリットは大きいかもしれませんね。

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】簡単1分!
あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

どなたでもお気軽に診断ができます。