街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

借金・債務整理の漫画コラムリボ払いで損する?!Q&Aで正しく理解しよう!計算してみて解説(漫画付き)

この漫画コラムについて漫画を書いている作家一覧

  1. 吉本ユータヌキ

    この漫画を描いた漫画家 この漫画のサムネイル

近年、リボルビング払い(リボ払い)という方法は一般的になり、利用する人も増えています。 あなたはリボ払いに対しどんなイメージをお持ちですか? 「毎月少ない金額の返済で済むから便利」「金利手数料が高くて損する」「仕組みがよくわからない」など様々なイメージをお持ちなのではないでしょうか。 確かにリボ払いは、高額の商品を購入したとしてもは月々の支払いは少額で済む一方で、利用する際には金利手数料がかかってしまいます。

そのため、人によってはリボ払いにより、予想外の高額返済を請求されてしまったという方もいるようです。 そんな人々を悩ませるリボ払い地獄に陥る前に!今回はリボ払いについて多くの人が抱く疑問について答えていきます!

Q1.リボ払いってどんなもの?

リボ払いとは、毎月あらかじめ指定した一定の額を返済してゆく支払い方法です。リボ払いでは分割払いのような商品ひとつひとつに対してではなく残高の合計金額に対して毎月一定額の返済することによって合計残高を減らしていきます。尚、残高に応じてかかる金利手数料の金額も変わってきます。  

リボ払いのメリット

なぜリボ払いはたくさんの人に利用されているのでしょうか。

・毎月の支払いが一定の額に抑えられるため、家計の支出管理がシンプルにできる
・支払いの計画が立てやすい
・一括では支払うのが難しいモノを購入できる
等がメリットとして挙げられます。

Q2.リボ払いに種類ってあるの?

リボ払いの代表的な2つの返済方法をご紹介します。

定額方式
支払残高が増えても、支払い期間が延びるだけで今まで通りに毎月一定額を支払う方式


残高スライド方式
あらかじめ指定されている支払残高のランクに応じて、金利手数料を含んだ毎月の支払額が増減する方式

支払いをリボ払いに選択する方法


支払い方法をリボ払いにするには、様々な方法があります。

お店でリボ払い
お買い物時に店頭などで利用者が支払い方法をリボ払いに選択するもの。

あとからリボ カード利用後、利用者の申し出によりリボ払いに変更するもの。

いつでもリボ
あらかじめ全てのお買い物の支払い方法がリボ払いとするもの。
なお、クレジットカード会社によってリボ払いの選び方はそれぞれです。契約しているカード会社に問い合わせて確認してみてください。

月々の支払額の決定方法


月々の支払額は、カード会社が設定している最低額より多ければ、基本的に好きなように設定できます。 たとえば、エポスカードの「長期コース」の場合、最低額は月々1,000円。 2,000円、4,000円、6,000円など少ない単位で好きなように設定できるようです。
例:月々の支払額を6,000円とした場合、毎月6,000円+金利手数料を支払っていく。

金利手数料の計算方法


リボ払いを利用すると必ず金利手数料が発生します。この金利手数料は、ローンにおける利息と同じような認識です。そして、リボ払いで毎月支払う金利手数料は、下記の式で計算されています。

利用残高×金利手数料率÷365日×支払い間隔日数

例:利用残高が6万円であり30日ごとに支払う場合を想定しています。金利手数料率はカード会社によって異なりますが、年率15%に設定するとします。すると計算式は以下のようになります。

利用残高×15%÷365日×30日

Q3.クレジットカードの分割払いとリボ払いの違いって?

クレジットカード払いにおいてリボ払いと分割払いの大きな違いは、毎月の支払額を指定するか、買い物ごとの支払回数を指定するかです。
リボ払い:毎月の支払額が自分であらかじめ設定した金額に固定であり、利用残高がいくらであるかは関係ありません。
分割払い:利用金額を何回払いにするかによって毎月の支払額が変わります。

例:分割10回払いを選択した場合、10ヶ月で返済することになります。 2万円の商品であれば月々2,000円+分割払金利手数料、3万円のものであれば月々3,000円+分割払金利手数料など、利用金額と支払回数によって月々の支払金額が変化します。

上記のことから、リボ払いと分割払いでは、返済期間も異なります。 一般的には、利用金額が大きければ大きいほど、支払期間は長くなります。

分割払いとリボ払いを比較


クレジットガードで支払いをするときには、分割払いとリボ払いではどちらのがお得なのでしょうか。
毎月の支払額とそれにかかる金利手数料の2つの観点から考えてみます。

【毎月の支払額】
分割払い:短い期間で支払いを完了させようとすると月ごとの支払い金額が異なる
リボ払い:支払額が利用残高に関係なく常に一定

【金利手数料】
分割払い:金利手数料は商品単体に対して掛かる リボ払い:金利手数料は返済残高全体に掛かる

 たとえば、Aという品物を4万円で買い、さらにBという品物を2万円をいずれもリボ払いで購入したとします。  リボ払いの場合は、このAとBを足した6万円に対して金利手数料が掛かります。一方、分割の場合はAとBの両方を分割払いで購入したとしても、それぞれで異なる金利手数料が掛かります。  また分割払いの分割払金利手数料に関しては、2回払いまでであればかからないケースが多いです。  
この2つを比較検討してみると、一般的にはリボ払いに比べると、分割払いの方がお得になるケースが多いです。  上記のような金利手数料のかかり方の違いで、分割する回数などにもよるものの、総支払金額も分割払いの方が少なく済む場合が多いです。またリボ払いよりも分割払いの方が金利手数料の実質年率が低い傾向にもあります。

Q4.リボ払いで借金地獄?!注意点とは?

リボ払いで失敗してしまう人が多いのはなぜでしょう。ここでは実際に起きた事例をご紹介します。

【Aさんの例】 Aさんは、セゾン・オリコ・エポスの3社から各6万円程の買い物をしました。「リボ払いだったら、月々の返済もせいぜい1~2万円だから大丈夫だろう」と考え、すべてリボ払いで支払っていました。 ある日、クレジットカードで買い物をしようとすると「利用限度額が超えています」と断られてしまいました。そこで返済残高を確認したところ、全く返済額が減っていませんでした。
つまりAさんは気付かない間にリボ払いのループにすっかりはまってしまっていたのです!!
月々少額での返済を続けたため、いつまで経っても元金(もともと借金していた金額)が減らず、金利手数料だけ払い続けている状態に陥ってしまっていたのです。

なぜ金利手数料は高額なの?


先ほどの例のように、リボ払いの金利手数料(総額)が大きくなってしまうのはなぜでしょうか。 それは、リボ払いが月々の支払額を低く抑える性質をもつためです。
先にも記した通り、リボ払いの金利手数料は返済残高全体に対して掛かります。 月々の支払額を低く抑えていたら、返済残高はいっこうに減っていきません。
残高が減らなければ、そのぶん支払回数が増え、金利手数料がかさみ、返済総額が大きくなってしまうのです。

こんな人は注意が必要です!!


「複数のクレジットカードでリボ払いをしている」
「自分のクレジットカードが自動リボ払いの設定になっているか一括払いなのかわからない」
「リボ払いはしてるけど、総額でどのくらい払ってるのか把握していない」
という人は一度、自分が持っているクレジットカードの契約内容や請求書などをよく確認して見ましょう。大幅なをしてしまっているかもしれません! リボ払いは、返済総額も見えにくいため、無計画に利用していくと支払い残高が増えて、支払期間が延びたり、毎月の支払額が増えたりしてしまいます。 利用の際には利用明細にしっかりと目を通し、支払い状況を常に把握しておきましょう。

Q5.リボ払いの返済ってどうしたらいいの?

リボ払いの返済には以下の解決法があります。
・一括返済
・毎月の返済金額を増やす
・債務整理

余裕があるなら、利用残高を一括で支払ってしまいましょう。
支払う時期が早ければ早いほど金利手数料節約の効果も大きくなります。 ちなみに、リボ払い専用のカードでも一括支払いはできます。
リボ払いは「毎月の返済を少額におさえられる」というメリットがありますが、「返済が長期化する」「金利手数料がかさむ」というデメリットを忘れてはいけません。一括で支払うのが難しければ、月々の支払額を増やしましょう。

支払額が変われば金利手数料も変わる?


月々の支払額が変わると金利手数料も変わるのか、シミュレーションしてみましょう。
◆利用日:2015年2月1日
◆利用額:20万円
◆手数料率(実質年率):15%
◆月々の支払額:5,000円

上記条件でシミュレーションした結果

◆支払回数:40回
◆金利手数料総額:5万914円

でした。 では、この条件で、月々の支払額を1万円にした場合はどうなるでしょうか?


◆支払回数:20回 ◆金利手数料の総額:2万5,903円

ほぼ半分にまで減額できました。 このように、月々の支払額を大きくするほど、トータルで支払う金利手数料の総額は小さくなるのです。

リボ払いで本当に悩んでる方へ


元金や金利手数料を減らすことを心掛け、無理なく返済していくことが大切です。 もし借金が膨らんで、月収の3分の1ほどに達したら債務整理を検討しはじめましょう。今お金がなくても、無理なく完済できる方法は少なくありません。
ひとりで悩まないでください。 どうすればいいのか困っているであれば借金減額シミュレーターを使ってみてください。
無料で手軽に借金がいくら減るのかを診断してくれます。 また、全国にある弁護士事務所からあなたに合った弁護士を紹介してくれ、対応も大変スムーズです。 いまも刻一刻と増えている借金を見過ごしてはいけません。

【関連記事】:あなたはどのタイプ?4種類の債務整理

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】簡単1分!
あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

どなたでもお気軽に診断ができます。