1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 交通事故の用語解説一覧>
  3. 慰謝料>
  4. 交通事故相談の手段!相談方法のすすめ

交通事故の用語解説 慰謝料 交通事故相談の手段!相談方法のすすめ

交通事故に遭うだけでも不運ですが、さらに後処理においても困ってしまう人が見受けられます。

 たとえば、相手が賠償の請求に応じないようなトラブルが起こるケースもあります。
交通事故に関する知識がなかったり気が動転していたりすると、トラブルに対して適切に対処するのは簡単ではありません。
 悩んでいる場合は、交通事故に詳しい人や専門家に相談すると良いでしょう。

 そこで今回は、相談先の種類や弁護士に相談する方法などを紹介します。

交通事故の相談所って何?

普段は気付かないかもしれませんが、身近なところにも交通事故の相談を受け付けている場所があります。
都道府県や市町村などの自治体もその一つです。

県庁などの役所に相談所がある自治体もありますし、県民相談総合センターのような相談用の施設を設けている自治体も見られます。
基本的に相談料は無料ですが、相談に行く前に電話による予約が必要であることが多いです。
 受付時間などを知りたい場合は、自治体のホームページをチェックしましょう。

 その他に相談を受け付けている機関の代表として、日弁連交通事故相談センターが挙げられます。
同センターは弁護士が運営に当たっているのが特徴であり、全国に相談所があります。 公的な機関なので、無料で電話や面接による相談が可能です。
相談可能な回数などのルールが相談所によって異なる場合もあるため、利用する際は事前に確認してください。

弁護士へ相談するときは電話の無料相談から!

多くの弁護士事務所が交通事故の相談を受け付けています。

交通事故のトラブルに精通している弁護士に相談できると非常に心強いです。
しかし、弁護士に相談する際の費用について懸念する人も多いのではないでしょうか。
 そのような場合は、電話による無料相談が可能なところを選ぶと安心です。
 プロの弁護士に相談できる最も気軽な方法といえます。

フリーダイヤルの「0120」「0066」などから始まる番号であれば、基本的には電話代もかかりません。
 また、電話相談だけでは不安なので、実際に会って相談をしたいと思うこともあるでしょう。
 面談による相談も無料で対応してもらえるケースがあります。
相談の段階では料金を無料に設定している事務所も多いからです。

 弁護士に相談するときは、このような無料のサービスを利用することから始めると良いでしょう。

弁護士に交通事故の無料相談はどんな風にすべきか

弁護士の無料相談を利用するときは、相談する内容を事前に整理しておくことが大切です。

 特に、無料で対応してもらえる時間や回数に制限がある場合は、整理した内容に従って効率よく疑問点を解消していく必要があります。

 相談するときは、まず手続きの流れについて尋ねましょう。

交通事故のトラブルは、解決までに予想外に時間がかかってしまうことも珍しくないです。
 少しでもスムーズに進めたいのであれば、最初に手続きの流れを頭に入れておくことが欠かせません。

示談交渉にかかる期間の予想も聞いておくと参考になります。 交渉が決裂して裁判に発展するケースもあるため、裁判の流れや費用について確認しておくことも重要です。

示談交渉や裁判を弁護士に依頼するのにかかる費用を聞くことも忘れてはいけません。
また、交通事故によって規模や状況はさまざまなので、弁護士の必要性はそれぞれ異なります。 自分のケースの必要性について確認しておきましょう。

依頼を任せられるような弁護士を探す方法

弁護士はたくさんいるので、どこに依頼すれば良いのか迷うケースも多いと考えられます。

知人が弁護士を利用したことがあるのであれば、紹介してもらうのも一つの手です。
信用できる知人であれば、弁護士も信頼のおける人物であることを期待できるでしょう。

 そのような知人がいない場合は、弁護士会で紹介してもらうと良いです。

 弁護士会は都道府県ごとに少なくとも1つ以上存在します。 担当の弁護士に不服があれば、他の弁護士に相談しなおすことも可能です。
 また、弁護士を探すための手段としては、法テラスも広く知られています。 法テラスは法律関連で困っている国民を支援する目的で作られた団体です。

常駐している弁護士や登録している弁護士を紹介してもらえます。

さらに、多くの弁護士事務所はホームページを持っているので、インターネットで探すことも可能です。
 条件を入力して該当する弁護士を一括で検索できるサイトも存在します。

交通事故の悩みを解決できるように行動しよう

他人の交通事故は冷静な目で見られても、いざ自分の身に起こると混乱してしまう人が多いです。

 事故現場を去ってしばらく時間が経った後でも、交通事故のショックで適切な判断をするのが難しいケースもあるでしょう。
そういう状態だとトラブルの解決に手間取ってしまい、相手が賠償金を払ってくれなかったり、または自分が必要以上に賠償金を支払ってしまったりするような事態にもなりかねません。

重要なのは交通事故のトラブルが発生したら、自分だけで解決しようとしないことです。
一人で抱え込まずに、なるべく早く交通事故に関する知識が豊富な人にアドバイスを仰ぐのが望ましいです。

 全国にある弁護士事務所をはじめとして相談先はたくさんあるので、交通事故に遭って悩んでいる場合は気軽に相談してみてください。
 一人ではどうしようもなかったトラブルでも、きっと解決の糸口を掴めるでしょう。