街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

労働の漫画コラムサービス残業って当たり前?残業代は請求できるの?違法性と対処法(漫画付き)

この漫画コラムについて漫画を書いている作家一覧

  1. やしろあずき

    この漫画を描いた漫画家 この漫画のサムネイル

毎日、当たり前のようにサービス残業してるけど、おかしいなと思う事ありませんか?

仕事が遅いのが仕方ない、会社に言いづらいから仕方ない、みんなも同じだしって思いながら残業してますよね。
でも、残業代が支払われないのは違法なんです。
ちょっとした対応や残業に対する知識があれば、残業代は正確に受け取ることができるんです。
今回はサービス残業の違法性や対処法について紹介していきます。

当たり前じゃない!サービス残業は違法行為

企業コストのうち人件費の割合は大きく、企業は人員調整など人件費の調整を行うと同時に人件費の削減を模索します。
必要な人員を削って人件費を浮かす場合も少なくなく、1人にかかる仕事量は増すばかりです。 
それでも足りないコスト削減のためにサービス残業をさせている会社も少なくありません。

サービス残業は違法!

サービス残業は明確な法律違反です。法律でしっかり刑事罰も定められています。
実際、労働基準法37条を確認してみると”時間外労働(残業)、休日に労働した場合は割増賃金を支払わなくてはならない”と記載があります。
労働基準法第37条
使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。
参照:労働基準法 – 電子政府の総合窓口 e-Gov
サービス残業とは残業手当が付かない残業のことを指します。
本来、残業時間分の手当を請求・支給されることは当たり前のことです。

しかし、従業員もサービス残業が当たり前のように捉えて請求をしないような事案が問題視されています。
それでもサービス残業が無くならないのは

・経営陣の無知であるが故に発生
・人件費カット
・他社でもやっているから

など理由は様々です。
サービス残業はそういった風潮が広がる労働環境においてでてきたものなのです。

関連記事:サービス残業は違法?実態と対策を紹介

サービス残業に当てはまる例

従業員が残業をした場合は正当に残業代を請求し、企業はしかるべき残業代を支払う義務があります。
企業の中には、そういった労働基準法に対する理解がない場合や、あるいは認識はあっても法令違反であることを無視する悪質な企業もあります。

サービス残業に当てはまる代表例

サービス残業を励行する企業に就職した場合、サービス残業だということに疑問を持たずにサービス残業を繰り返してしまう可能性があります。
特に残業に関する知識が薄い若年層などは注意が必要です。
日常の業務の中で「もしかするとこれはサービス残業では?」と疑うようなケースがあります。

名ばかり管理職にサービス残業させる

名ばかり管理職に就任した小売店や飲食店の管理職の社員に対して悪質なサービス残業を強制する

定時にタイムカードを押させる

定時にタイムカードを押させる、定時以降にタイムカードを使えなくしてサービス残業を強制する

「仕事が終わらないのであれば早く来い」

「仕事が終わらないのであれば早く来い」というような、想定している就業時間前に出勤させて朝の残業を強制する

他にも 仕事が終わるまで帰してくれないうえに勤怠に記録もしないなど、ずさんな勤怠管理を背景にしたサービス残業が多くあります。
自己申告制の勤怠の場合、残業の付け忘れということもあるでしょう。

しかし、そういう場合は本来はきちんと修正・報告すれば残業として認めてもらえるものです。
企業が正当に残業代を支払うことがなければ、組織として不当な勤怠管理と労働基準法違反をしていることになります。
関連記事:管理職は残業代が貰えない!?「名ばかり管理職」の知っておきたい新事実!関連記事:残業代が出ない… 企業に違法性はないの?

サービス残業をしないために!対処法とは

どのようにサービス残業が行われているかは企業によりさまざまです。
また、職種によってサービス残業になりやすいものもあります。
営業が外回り後、帰社して事務処理を行う場合や飲食店、工期の遅れによる工事・土木関係の仕事もサービス残業になりやすい傾向があります。 サービス残業は、会社の強要がなくても従業員自身で「これくらいはいいか」という認識で発生することが多いものです。
しかし、それは正しいことではありません。
定時になっても誰も帰らず、なんとなく残っていないといけないような雰囲気の職場もあるでしょう。
残っていたほうが仕事をしているという認識がまかり通っている会社もあるかもし

残業代は受け取る権利がある

「残業をつけるのは会社に悪い…」サービス残業はそういう雰囲気の場合に発生する可能性があります。
そのような場合にこそ、サービス残業をしないための対処を行う必要があります。

状況を変えるために会社に訴える、周囲にサービス残業はしないという宣言をする、あるいは業務の効率化を提案するということが有効です。 サービス残業をしない風土を少しずつ作っていくという行動が重要です。

サービス残業はきちんと拒否しよう

サービス残業は記録になかなか残らないため、表面化しにくい実態があります。
しかし、実際には日本労働組合総合連合会が2014年に3,000人を対象に行ったアンケート調査では、実に4割の人がサービス残業を行っていると結果が出ています。
このことからもサービス残業は広く蔓延しているということが分かりますね。
そもそも、サービス残業は当たり前ではありませんし労働基準法の法律違反です。

サービス残業を拒否したら解雇?

もし、サービス残業を拒否したら、解雇されるのではないか?と怖がらなくて大丈夫です。
そもそも、サービス残業自体が労働賃金を支払わない違法な残業です。

よって、違法な残業を拒否しても、解雇の理由にはなりません。

ただし、その残業がサービス残業であるのかはしっかりと確認する必要があります。

社員が勝手に”サービス残業だ”と決めつけて、残業を拒否し続けた場合には解雇理由となる可能性がるので注意が必要です。
サービス残業であることをしっかりと確認した上で拒否しましょう。

もし、1人で声を上げるのが難しい場合は、周囲を同調に導くなど環境改善に向け少しずつトライすることが大切です。

 1日8時間、週40時間を超える残業

1日8時間、1週間で40時間を超える残業をする必要がある場合には、労使協定を結んで労働基準監督署に届け出る必要があります。

それほど残業については規制があるのです。
職場でサービス残業を強いられるようなことがあった場合は、きちんと拒否をするのが重要です。

関連記事:残業時間には上限がある!サブロク協定の規定とは


それでもサービス残業を強いられ続けたら残業代を請求する

残業代請求を検討するのであれば「労働基準法」という法律がポイントになります。
労働に関する規制などを取り締まっています。
労働基準法は強行法規という、当事者間の合意は関係なしに適用されて、守らない会社には罰則を与えるという会社に対して厳しい内容になっています。
要するに「会社がなんと言おうが、労働基準法を違反していたら訴えることができるよ」ということです。

労働基準法は労働者が有利な法律

なぜ、労働基準法がそんなに会社が不利な法律なのかというと、労働者の保護のために制定された法律だからです。
その労働基準法の第32条には、「労働基準法で定められている労働時間は「1日8時間以内」「1週間40時間以内」であり、この労働時間を超えた分は残業です。
①使用者は、労働者に休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。
②使用者は、1週間の各日については、労働者に休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。
【労働基準法第32条(労働時間)より】
と記載されており、大枠だけで話すと
”労働基準法で定められている労働時間は「1日8時間以内」「1週間40時間以内」” であり、この労働時間を超えた分は残業です。

残業しているのにも係らず残業代を払っていないものは違法”となります。
要するにサービス残業【社員が会社にサービス(無給)で残業してる状態】=違法ということになります。
これまでも話したようにサービス残業は違法なものです。

会社独自のルールは無効!

仮に1日10分でも残業していて残業代が支払われていないのであれば、それは請求の対象になります。
たまに、「15分未満の残業時間は切り捨て」というような会社独自のルールを設けてあるケースがありますが、法律としては違法となります。 残業代の請求は変な罪悪感を持たずに正当に請求できるものなのです。

残業代は請求しよう!


もしも、サービス残業を強いられていたら、きちんと証拠を取りましょう。
毎日の日記でも、夜中に会社にいたことがわかるGPSの情報などなんでも証拠になりえます。
実際に、最近では一般企業の社員や飲食店の店長、トラック運転手や美容師など様々な業種の人達が残業代を請求しています。
毎月60時間くらいサービス残業をしていて520万円請求できたような例もあります。

弁護士に相談することは気軽ではないですよね。
街角相談所では残業代診断シミュレーターを使うことをオススメしています。
無料でいくら請求できるのかを調べて、実際に使用者に合った弁護士事務所の紹介もしてくれます。

気軽に試すことができるので使ってみてください。

【関連記事】:未払い残業代がある人に朗報!? 残業代を請求して300万円受け取る人も!

残業代請求シミュレーター

【500万円残業代を取り返せる方法が話題】
カンタン60秒! 残業代の時効は2年!悩んでる暇はないです。
いくら残業代が請求できるか匿名無料で診断できます!

どなたでもお気軽に診断ができます。