街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

借金・債務整理の漫画コラムカードローンの借金返済地獄から抜け出す方法!金利の落とし穴にハマらないためには(漫画付き)

この漫画コラムについて漫画を書いている作家一覧

  1. やしろあずき

    この漫画を描いた漫画家 この漫画のサムネイル

最近は誰もが知るような大手の銀行でもカードローンの広告もよく見るようになりました。

一般的な”借金”=”消費者金融やサラ金”などのネガティブなイメージの方が多いかもしれないですが、親しみのある大手銀行のカードローンの広告を見ると自分も使おうかな?と思ってしまいそうになりますね。また、インターネットやATMでも簡単にお金を借りられるようになったので安易な気持ちでカードローンを始めてしまう人も少なくないようです。

必要なお金があるときに使う分には便利ですが、注意しないといけないのは「1~2万円生活費が足りないから、カードローンで補填する」ようなことを繰り返してしまうことです。ATMで簡単に引き落とせるからこそ、漫画のように自分のお金のように使っている人が多いようです。

今回はカードローンが返せなくなってしまった人、カードローンを検討している人に役立つ情報を紹介していきます。

カードローン地獄なってしまう人の流れ

カードローン地獄になってしまう人の代表的なパターンを紹介します。

借りやすいが故に自分のお金と借金の区別がつかなくなる

このパターンは非常に多いようです。
最近はATMやインターネットで本当に手軽に借りれてしまいます。借入限度額こそあるものの、当たり前のように少額ずつ引き下ろしているので自分の貯金のような感覚に陥ってしまいます。さらに、住宅ローンや自動車ローンのように用途が明確に定められていない点も問題です。普通に買い物や娯楽費、生活費の足しにするなどあることが当たり前のような状態になってしまうことで最終的には生活水準を下げることができずにカードローン地獄となってしまいます。

返せなくなった借金の返済に充ててしまう


生活費も足りない、でも生活水準は下がられない。家賃やスマホ代など節約できない固定費の支払いのために借金を繰り返し、借金返済のために借金する循環が出来上がってしまいます。
そうなると悲惨、返済のための借金を繰り返すことで借入額は膨れ上がる一方です。

借入額の上限を更に引き上げてしまう、借入先の追加


カードローンの返済にカードローンを繰り返していると借入額の上限に達してしまいます。お金は返さないといけないのにお金を借りることができなくなってしまいます。当然、新たに借金する以外返済する方法などなく借入上限を増やしたり、新しく借入先を増やして借金するようになります。

このようにして、多重債務者は出来上がってしまいます。

カードローンをそのままにして放置してたら

カードローン地獄になってしまい、毎月の返済が難しくなると、借金の偏返済のためにさあらに借金してしまい多重債務者になってしまいます。
そうなると借金の総額はどんどん膨れ上がり、不安や焦りからいろんなことに手がつかなくなります。普通ではありえないような冷静な判断ができなくなり、イライラして喧嘩してしまったり、自殺を考えてしまう人もいます。

カードローンを返済できなくなり、そのまま放置してしまったらどうなるのか?


まず、返済を放置することは絶対にやめてください。
最悪の場合、給与の差し押さえや今後ローンやクレジットカードが使えなくなってしまう可能性があります。

さらに、返済が遅れてしまうと金銭的にもデメリットがあります。
遅延損害金として返済が遅れた日数に対して金利分を余計に支払わなければいけなくなります。

借りているお金(元金)× 普段より高い金利 ÷ 365日 × 返済が遅れた日数(遅延日数)

たとえば、プロミス(遅延損害利率20.0%)で50万円の残高がある場合に1ヶ月(30日)返済が遅れたら
遅延損害金は「50万円×20%÷365×30」で8,219円になります。

カードローン地獄で困っているときに1万円近い利子を余計に支払うのは辛いものです。
カードローンは絶対に放置しないようにしましょう

カードローンに頼らずに生活する

そもそも、カードローンやキャッシングでは最初にお金を借りる時点でかなりのハードルがある。しかし、最近はテレビCMも増えていることもあり、身近に感じてしまったり、最初の30日は無金利などと企業もお金を借りるハードルを下げてきています。実際、一度借りてしまうと借金することに抵抗がなくなってしまい、借金は身近なものになってしまいます。

借金に慣れると生活はどんどん泥沼に


ちょっとお金が足りないから、給料日までの10日だけ…また次の給料日前に少しだけ…のように自分は返せると思い込みカードローンが生活費の一部として考えてしまうようになります。

こうなってしまうと、カードローン地獄の入り口です。カードローン地獄に陥らないために生活費の見直しや節約などに徹しましょう。まずは固定費としてかかっている家賃やスマホ代、保険の費用などを見直していきましょう。

それでも、自動車や子供の教育費などどうしても必要なお金に関しては自動車ローンや教育ローンを組みましょう。利用用途自体は制限されてしまいますが、カードローンより圧倒的に低い金利でお金を借りることができます。とにかく手軽という理由でカードローンに頼ることのないようにすることが重要になります。

すでにカードローンで困っているのなら

正直にいうと、カードローンの地獄から抜け出すことは非常に難しいです。
状況は悪化していくばかりで、収入を増やすか生活費を減らす事が必要になります。2つとも実施してどうしようもないのであれば、債務整理をすることが先決かもしれません。
債務整理というと最初に自己破産を想像する人が多いかもしれませんが、それだけではありません。
債務整理には破産せずに返済額を一部減額する方法や金利のみカットする方法など様々あります。借金で本当に困っているのであれば、一度債務整理も考えてみてください。
【関連記事】:あなたはどのタイプ?4種類の債務整理

どうしてもカードローンで苦しんでるなら


カードローンに否定的な内容になってしまいましたが、カードローンが必ずしも悪いものであるとは限りません。
必要に応じて使うことで便利なことは間違いないので、あくまでもご利用は計画的にしましょう。

債務整理をどうすればいいのかわからない人は一度、借金減額シミュレーターを使ってみると良いでしょう。
無料で専門家が借金の減額方法や減額できる金額を診断してくれます。

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】簡単1分!
あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

どなたでもお気軽に診断ができます。