1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 離婚問題の用語解説一覧>
  3. 慰謝料>
  4. 離婚の原因別に計算する!慰謝料の相場(漫・・

離婚問題の用語解説 慰謝料 離婚の原因別に計算する!慰謝料の相場(漫画付き)

慰謝料とは浮気などの精神的苦痛に対して加害者側が支払う損害賠償のことです。
そして、離婚をする際にはその原因が相手にあるとして、慰謝料の支払いを求めるケースがよくあります。

しかし、問題は請求額をいくらにするかです。
慰謝料請求の場合、財産的損害があるわけではないので、請求額の目安がわからないといったケースも少なくありません。
そこで、離婚の代表的な原因を挙げながら、それぞれのケースで慰謝料の相場がいくらになるかについて解説していきます。

慰謝料が請求できるケースとできないケースがある?

離婚はどんな場合でも慰謝料を請求できるわけではありません。
 法外な慰謝料の請求や過剰な利益を得るために請求することもできません。

ここでは、どんな場合に慰謝料がもらえるのか?また逆にもらえないケースはあるのかを紹介していきます。

慰謝料請求ができるケース
慰謝料の金額というのは明確な基準があるわけではありません。
 個々の事情で決まるため様々なパターンがあります。

 裁判では慰謝料が認められるのは

・不貞行為(相手の浮気)
 ・暴力、DV、悪意の遺棄
・婚姻生活の維持への不協力
・セックスレス

などがあります。

また一定の条件を満たしていれば、仮に離婚しなくても慰謝料はもらえるケースがあります。
 浮気や不倫が発覚し、離婚には至らなくても浮気相手に慰謝料請求ができます。
その場合は請求期限が決まっていて、不貞行為を知った日から3年となっています。

また、離婚した後でも慰謝料の請求ができる可能性があります。
不倫・暴力が原因で離婚に至った精神的な苦痛や離婚をすることそれ自体から生ずる精神的な苦痛があります。
厳密な区別はされてないものの、厳格に両者を区別して判断される場合もあるため注意が必要です。

慰謝料が請求できないケース

 浮気前に夫婦関係がすでに破綻していた場合や浮気相手が婚姻している事実を知らなかった場合には、慰謝料が認められないケースもありますので覚えておきましょう。

また、性格の不一致・信仰上の対立・親族との仲違いなど、このような場合は、どちらかに責任があると示すことは難しいのと、自分に責任・原因があり「お互い様」という場合には、慰謝料が認められないか、認められても大幅に減額されてしまう可能性があります。

それらを踏まえて、実際に慰謝料がいくら貰えるのかをみていきましょう。

浮気で離婚!慰謝料相場は50万円から300万円

夫婦になると互いに貞操を守る義務が生じるため、浮気は違法行為となり、当然慰謝料の対象となります。

ただ、慰謝料がいくらになるかについては法律では定められていません。
そのため、裁判にまで発展した場合、裁判所がそれぞれの事情を考慮した上で、過去の判例を参考にしながら妥当と思われる金額を算出することになります。
その時にポイントとなるのが浮気の期間や回数などです。

また、配偶者の精神的負担や浮気が原因で夫婦関係が破たんしたのかどうかといったことも慰謝料の額に関係してきます。
さらに、協議離婚の場合も裁判所の判例を目安にしながら請求額を決め、相手に合意を求めていくことになります。

そして、その相場は50万円〜300万円ほどです。
目安としては

①離婚も別居せず,夫婦関係を継続する場合には50万円~100万円
②浮気が原因で別居に至った場合には100万円~200万円
③浮気が原因で離婚に至った場合には200万円~300万円


ただし、上記の場合でも程度が軽いと判断さるのであれば50万程度ですんだり、悪質な裏切り行為だとみなされた場合には500万円の請求が認められたりと、例外は存在します。

DVで離婚!慰謝料相場は50万円から500万

DVと言えば、暴力行為に限定されると思われがちです。
しかし、実際には言葉によって相手を傷つけることもDVに当たり、慰謝料の対象となります。

そして、その相場は50万円〜500万円と比較的幅が広いのが特徴です。
それは、DVといっても被害の程度には大きな差があるからです。

例えば、DVによってうつ病になったケースでは、与えられた精神的苦痛は甚大だとして慰謝料が高額になる可能性が高くなります。
また、直接的暴力を受けた場合はそのケガの程度が重ければ重いほど慰謝料は高額になっていくのが普通です。

その反面、DVを受けた方にも落ち度があると認められた場合は請求できる額は少なくなる可能性があります。
妻に浪費癖があり、それを何度たしなめても改めようとしないので、耐えかねた夫が暴力に及んでしまったなどといったケースです。

その他にも、DVの回数や期間も慰謝料を決める重要な要素となり、回数が多く、期間が長いほど慰謝料が高くなる傾向にあります。

セックスレスで離婚!慰謝料相場は0円から100万円

浮気やDVとは異なり、セックスレスの問題は一見すると、損害賠償とは無関係なようにも思えます。
しかし、実際はセックスレスを理由に慰謝料を請求することも可能なのです。

これは、夫婦なら当然営むべき行為を拒絶された精神的苦痛に対する賠償だという解釈です。
ただし、セックスをしてもらえなかったというだけで、すぐに慰謝料が請求できるわけではありません。

個々の事情によっても左右されますが、概ね1年以上セックスレスの状態が続いていた場合は慰謝料請求を認められるケースが多いようです。
そして、その際の相場は最高で100万円ほどです。

また、高額の慰謝料を請求するためにはいくつかのポイントがあります。
まず、相手がセックスできる状態であることが大前提です。

例えば、夫がEDだというのは当然、慰謝料請求の対象にはなりません。
次に、請求する側の資産や収入が低く、初婚で年齢が高いと慰謝料は高額になる傾向にあります。

一方、配偶者に関しては、収入が多くて年齢や社会的地位が高いと慰謝料を多く請求できる可能性が高くなるでしょう。
また、生活費を配偶者に支払ってなかったり、性行為をしようとする努力が見られなかったりすると、さらに慰謝料を求める側に有利に働きます。

その他にも、慰謝料が高額になる要因としては子どもが多い、婚姻期間が長い、結婚してから一度もセックスをしていない、相手の不倫からセックスレスが始まった、3年以上の長期に渡るセックスレスなどが挙げられます。

離婚の慰謝料は計算できるの?

離婚の慰謝料を計算する方法としては、弁護士会などが作成している算定基準表があります。

浮気120万円〜240万円、DV60万円〜120万円といった具合に離婚原因ごとの基本慰謝料を定め、

(基本慰謝料+相手の年収の3%×実質的婚姻年数) × 有責度 × 調整係数

などといった公式を用いて妥当と思われる慰謝料請求額を導き出していくわけです。
ちなみに、実質婚姻年数は実際に結婚生活を送っていた期間、有責度は相手の責任度合、調整係数は離婚後の生活困難度などの事情を考慮して0.7〜1.3の幅で数字を当てはめます。

例えば、慰謝料を請求する女性に全く職業経験がない場合、調整係数は1.3となります。
仮に、基本慰謝料120万円、相手の年収1000万円、婚姻年数10年でこちらの落ち度が全くなく、職業経験がない場合は、

(120万+1000万×0.03×10)×1.0×1.3で慰謝料は546万円

になるというわけです。

しかし、これはあくまでも1つの目安にすぎず、実際はケースバイケースで判断されるため、額に大きなズレが生じる可能性があります。

より正確な額を予測するためには、過去の判例との比較を行うことが大切です。
まず、自分の離婚理由が何であるかをはっきりとさせ、その概要について詳しく書き出してみましょう。

その上で、過去の判例でなるべく類似したケースを探し、それがどういう結論に至ったかを調べてみるのです。
離婚裁判では過去の判例を参考にする傾向が強いため、慰謝料をいくら請求できるかを判断する上での大きな手掛かりとなるでしょう。

探偵紹介シミュレーター

【浮気の証拠見つからなかったら0円!】カンタン30秒!
あなたのパートナーが浮気や不倫しいているかも?証拠が欲しいなら、探偵に依頼できます!あなたに合った探偵を匿名無料で診断できます!

どなたでもお気軽に診断ができます。