街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

交通事故の用語解説 慰謝料 交通事故治療をするなら!治療先を選ぶときのポイントまとめ

思いがけず巻き込まれてしまうこともある交通事故。 交通事故に遭ったときについてまわるのが、ケガや骨折などの外傷です。 交通事故でケガや骨折などを負った場合、治療自体は通常の治療方法と変わりません。 しかし、大きく違うのは治療費の請求です。 交通事故治療では損害賠償請求を行う必要があります。 また、受けた外傷の内容によって整形外科なのか整骨院なのか、治療先も変わってきます。 ここでは、交通事故治療における治療先や治療費の請求について解説します。

交通事故治療って一体?

同じケガや骨折の治療でも、生活上で起こったものか交通事故で負ったものなのかにより保障内容が異なります。 日常で負ったケガの保障は国民保険などでカバーできます。 しかし、交通事故で負ったケガや骨折などの外傷は、車の損害保険の保障で治療を受ける必要があります。 これが交通事故治療です。 交通事故治療の保障を受けるには、ただ治療を受ければいいのではありません。 日常生活で発生するケガなどの治療費の保障と異なり、損害賠償請求をします。 損害買収請求をするには、医師による診断と治療のほか、自賠責や任意保険など加入している保険の内容に則った対処が必要です。 自賠責や任意保険の約款などで、どの範囲まで保障されているのか確認しておくといざというとき安心です。

覚えておくべき整形外科と整骨院の違い

ケガなどの交通事故治療は、主に整形外科あるいは整骨院で受けることになります。 どこで治療を受けるかは本人の自由なので、ケガなどの状態により治療先を決めるとよいでしょう。 整形外科では医師による治療・診断を行います。 病院の一科である整形外科は、外科医療の症状判断が必要とされていることもあり、検査設備が充実しています。 自分の症状の判断がつかない場合などには、整形外科の医師による診療を受けることが適しているでしょう。 整形外科の交通事故治療においては、牽引や光線療法がメインとなります。 整形外科の大きな特徴は、医療行為として痛み止めの注射や投薬が可能ということです。 対して、整骨院では国家資格を持った柔道整復師による治療が行われます。 柔道整復師は打撲や捻挫、むち打ちなどの治療にもあたり、手技による施術が主です。 しかし、医療知識があり国家資格を有しているとはいえ、医師とは違い手術などの医療行為ができません。

治療する場所を選ぶポイント

交通事故治療を受ける場合、基本的には、交通事故による負傷は整形外科も整骨院でも同じ治療を行います。 しかし、整形外科、整骨院それぞれに設備や治療方法などで特徴があるため、症状を基準に治療場所を選ぶとよいでしょう。 むち打ちや捻挫の場合は整骨院がおすすめです。 柔道整復師は手技による治療を得意としています。 交通事故以外にも運動による捻挫などで通院する患者も多く、経験値の高い柔道整復師も少なくありません。 骨折・外傷なら整形外科がよいでしょう。 病院内にレントゲン機器などの医療設備が完備されているため、骨折の部位や状態を確認でき適切な治療を行うことができます。 交通事故による負傷がケガや骨折など複合的になっている場合など、総合的な治療なら病院が適しています。 また、柔道整復師は国家資格者ですが医師ではないため、施す治療は医療類似行為となります。 そのため、整骨院での治療には健康保険が適用されないことも留意しておきましょう。

治療をする上で注意しなければならないこと

交通事故治療での治療前に注意しておくことがあります。 交通事故治療で重要なことは、損害賠償請求を行うということです。 損害賠償請求を行うには医師の診断が不可欠です。 柔道整復師も自賠責保険の治療費請求のため診断書を作成することはあるものの、基本的には診断書の作成は医師のみに認められていることです。 特に、治療が延びて治癒が見込めないなど後遺障害が残る場合、後遺障害診断書は病院の医師にしか作成できません。 整骨院で治療を行う場合、治療自体は可能でも通院実績にならないため、損害賠償請求が認められないことがあります。 さらに、整骨院での治療は医師の診断ではないため、軽視されてしまう可能性もあります。 また、保険会社に治療費が打ち切られることや、症状固定を保険会社に迫られることがあるということも注意しておくべき点です。

保険や慰謝料のことを考えて治療を受けよう

交通事故に遭ってしまった場合は物質的にも精神的にも痛手をこうむります。 しかも、ケガや骨折など負った場合は治療や通院が必要です。 交通事故治療では整形外科あるいは整骨院が適していますが、それぞれ得意としていることや特徴があるため、治療先は症状などで選ぶようにしましょう。 しかし、損害賠償請求をする場合には、治療および医師による診断が必要です。 特に、後遺障害診断書が必要な場合は、整骨院では診断書を作成することはできません。 整形外科での治療のあと整骨院での治療にシフトしたいというときは、整骨院での治療に理解のある整形外科医に受診するなど工夫も必要でしょう。 交通事故治療では、ただ治療を受けるだけではなく、保険適用や慰謝料のことを考えながら適切な治療を受けることが重要です。