街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

交通事故 の用語解説一覧

1
  • 交通事故の過失割合

    交通事故を起こしてしまったら警察を呼び、対応してもらうのが一般的です。 しかし、あまりにも損害が大きい場合には裁判沙汰になることも考えられ、多額の賠償金を払わされる可能性もあります。 また、事故直後に誠意のない対応をしてしまうと被害者の心象を損ない、やはり訴えられるケースもあるでしょう。 交通事故を大きな問題にせず解決するためには「示談」という方法があります。 ここでは、示談交渉について詳しく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    過失割合 /
  • 交通事故の過失割合

    交通事故で損害を被った場合は、加害者に対して損害賠償を請求できます。 事故によって支出することになる治療費や入院費用、事故で壊れてしまった自動車を修理する費用、さらには精神的な苦痛に対する賠償としての慰謝料などが請求できるものとしてすぐに思い浮かぶでしょう。 実は、これ以外にも請求できる可能性があります。 それは逸失利益です。 しかし、逸失利益がどんなものなのかよくわからないという人も多いでしょう。 そこで、逸失利益に該当するものや算定方法などについてお伝えします。

    ≫ 解説をみる

    損害賠償 / 逸失利益 / 過失割合 /
  • 交通事故の過失割合

    交通事故はいつどのタイミングで発生するか分からないものです。 特に、自動車を運転していれば、どれだけ気をつけていてもなんらかの事故の加害者となってしまうリスクを避けることはできません。 そして、その事故がもしも人身事故であった場合には、そうでない事故の場合よりもより多くの責任を負担する必要があります。 そこで今回は、人身事故を起してしまった場合にはどのような責任が発生するのか、その具体的な内容を解説しましょう。

    ≫ 解説をみる

    後遺症 /
  • 交通事故の過失割合

    普段あまり意識をしていなくても、交通事故は突然私たちの身に降りかかってくる場合があります。 しかも、それが死亡事故に発展する可能性も決してないとは言い切れないのです。 そして、その時は加害者の立場であれ、被害者遺族の立場であれ、自分たちのするべきことを果たさなくてはなりません。 しかし、それぞれの立場で行うべきことについて、はっきり認識している人は意外に少ないのではないでしょうか。 そこで、いざという時に備えて、交通死亡事故における加害者の負うべき責任と被害者遺族がなすべきことについて解説をしていきます。

    ≫ 解説をみる

    後遺症 / 逸失利益 /
  • 交通事故の過失割合

    交通事故に遭ったときは加害者・被害者双方が話し合って解決する示談を行うことができます。 示談を行えば裁判にまで発展しなくて済むので、自己に関するストレスを軽減させられることでしょう。 示談には慰謝料などを含めた示談金が支払われることがあるため、万が一のときのために示談金について知っておくことは重要です。 そこで今回は、交通事故における示談について詳しく解説していきます。 示談金や示談交渉、交渉の際のポイントなど、示談に関することを見ていきましょう。

    ≫ 解説をみる

    過失割合 / 裁判 /
  • 交通事故の過失割合

    どんなに気をつけていても自動車事故を起こしてしまうことはありますし、他人から事故をもらってしまうこともあるものです。 レンタカーでも例外ではなく、自家用車以上に慎重に運転していても事故に遭う可能性はゼロではありません。 そこで知っておきたいのは、レンタカーで事故を起こしてしまった際の対処法です。 レンタカーの事故は自家用車での事故のときと若干対応が異なるので、事故対応の流れや保険についてなど大切なポイントを押さえておきましょう。

    ≫ 解説をみる

    損害賠償 /
  • 交通事故の過失割合

    交通事故を起こしてしまった場合、迅速にいろいろな対処をしなければなりません。 相手が被った損害に対する賠償もその一つです。 迷惑をかけたのですから賠償金を支払うのは当然といえますが、賠償額が妥当か気になったり賠償額をなるべく抑えたいと思ったりするケースもあるでしょう。 賠償金を決めるときは、過失割合というものが大きく関わってきます。 そこで今回は過失割合について説明し、妥当な値の調べ方や下げる方法などについて紹介します。

    ≫ 解説をみる

    人身事故 /
  • 交通事故の過失割合

    交通事故に遭ってしまった時、「慰謝料はいくらもらえるのか」「保険会社からの提示金は正しいのか」「慰謝料を増額できないだろうか」といった悩みを持つ人は多いでしょう。 納得できる額を受け取るためには、慰謝料に関する基本的な知識が必要です。 交通事故による慰謝料の算定には、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3つの基準があり、それぞれ相場が違ってきます。 (※1)ここでは、各基準の慰謝料相場や、慰謝料を増額する方法についてご紹介します。

    ≫ 解説をみる

    損害賠償 / 過失割合 /
  • 交通事故の過失割合

    車を運転している限り、どれだけ注意を払っていても、交通事故の加害者になってしまう可能性はゼロではありません。 自分だけは大丈夫と考えている人ほど、実際に交通事故が起きるとパニックにおちいってしまい、何もできなくなってしまいます。 また、加害者になってしまった場合、どのような処分を受けるのかを知らない人も多いのではないでしょうか。 万が一、交通事故を起こしてしまっても落ち着いて対処できるよう、初期対応の手順や示談交渉のポイントについて知っておきましょう。

    ≫ 解説をみる

    損害賠償 / 過失割合 /
  • 交通事故の過失割合

    交通事故の被害にあってしまった場合には保険金や慰謝料といった賠償金が支払われます。また、それだけでなく、その交通事故が原因で後遺障害が残ってしまったという認定が出れば、より多くの賠償金を受け取ることができます。症状を正しく審査されるためには、診断書などの書類の準備や提出方法についてしっかりと把握しておくことが重要なポイントです。そこで今回は、後遺障害とはなにかということや、申請の際に気をつけるべきことについて詳しく解説しましょう。

    ≫ 解説をみる

    人身事故 / 過失割合 /
1