1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 交通事故 の用語解説一覧

交通事故 の用語解説一覧

1 2 3 4
  • 交通事故の過失割合

    交通事故を起こしてしまったら警察を呼び、対応してもらうのが一般的です。 しかし、あまりにも損害が大きい場合には裁判沙汰になることも考えられ、多額の賠償金を払わされる可能性もあります。 また、事故直後に誠意のない対応をしてしまうと被害者の心象を損ない、やはり訴えられるケースもあるでしょう。 交通事故を大きな問題にせず解決するためには「示談」という方法があります。 ここでは、示談交渉について詳しく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    過失割合 /
  • 交通事故の慰謝料

    交通事故の際、突然強い衝撃を受けることによって首に損傷を受けてしまうことがあります。 頚椎捻挫という、いわゆるむち打ちの症状です。 レントゲンなどでは確認できないことが多く軽視してしまう人もいますが、衝撃の大きさによっては脊髄や神経根にまで損傷が及ぶこともあります。 症状が重い場合は、歩行障害や排尿障害、排便障害などを引き起こすこともあるため、しっかりと治療を受けることが大切です。 そこで今回は、交通事故によって起こる頸椎捻挫の症状や治療法、慰謝料請求の方法についてご紹介します。

    ≫ 解説をみる

    慰謝料 / 人身事故 /
  • 交通事故の過失割合

    交通事故で損害を被った場合は、加害者に対して損害賠償を請求できます。 事故によって支出することになる治療費や入院費用、事故で壊れてしまった自動車を修理する費用、さらには精神的な苦痛に対する賠償としての慰謝料などが請求できるものとしてすぐに思い浮かぶでしょう。 実は、これ以外にも請求できる可能性があります。 それは逸失利益です。 しかし、逸失利益がどんなものなのかよくわからないという人も多いでしょう。 そこで、逸失利益に該当するものや算定方法などについてお伝えします。

    ≫ 解説をみる

    損害賠償 / 逸失利益 / 過失割合 /
  • 交通事故の損害賠償

    交通事故は毎日どこかで発生しているものです。 そのため、他人ごとと思っていても思いもよらぬタイミングで当事者となり得ます。 加害者である場合でも被害者となってしまった場合でも、交通事故が起こると突然のできごとに慌ててしまう人は多いものです。 そこで、もしも車で事故に遭ってしまったときにやるべきことについてご紹介します。 加害者と被害者では立場が異なり、やるべきことに違う点もあるため、正しく把握しておくようにしましょう。

    ≫ 解説をみる

    損害賠償 /
  • 交通事故の後遺症

    一般に、交通事故に遭って怪我を負い、一定期間治療を行っても治らない状態を「後遺症」といいます。 この「後遺症」では、交通事故が原因と医学的に証明されて「後遺障害」に認定されると、高い慰謝料が支払われる可能性があります。 しかし、「後遺障害」と認定されるには条件があり、慰謝料も損失(怪我)の等級に応じて定められています。 今回は、「後遺障害」について、認定を受けるための条件や等級の数についてなど詳しく解説します。 (※1)

    ≫ 解説をみる

    損害賠償 / 後遺症 /
  • 交通事故の慰謝料

    通学や通勤、買い物などに利用する自転車は我々の生活とは切り離せない存在です。 特に、都心部では毎日のように使っているケースも多いでしょう。 その一方で、安心して乗れる交通環境が整備されているとは言い難く、交通ルールについても周知されていません。 そのため、自転車に関するトラブルは後を絶たず、重症を負ったり死亡したりする重大な事故も多く起こっています。 そこで今回は、自転車の交通ルールなどを説明し、事故に遭った際の慰謝料の請求に役立つ内容も紹介します。

    ≫ 解説をみる

    慰謝料 /
  • 交通事故の慰謝料

    交通事故の被害にあってしまった場合、慰謝料や損害賠償を請求することが可能です。 そして、治療のために会社を休まなければならなくなったという場合には、その補償も請求することができます。 加害者や加害者側の保険会社に対して、会社を休まなければならなかった日の収入分を請求することを休業損害といい、この休業損害を請求するためには所定の書類を作成して提出しなければなりません。 そこで今回は、休業損害請求のために必要な書類と詳しい書き方について解説します。

    ≫ 解説をみる

    後遺症 / 人身事故 /
  • 交通事故の損害賠償

    自損事故と一口にいっても、いろいろなトラブルがあります。 事故時、まず警察にいくのは当然ですが、自損事故の対応はそれだけでは不十分です。 事故に遭ったことを保険会社に伝え、賠償金の手続きを取る必要があるでしょう。 ここでは役立つ保険の種類や物損時の賠償額などについて解説を行っていきます。 保険会社に入っていても、段取りが悪いと適正な補償額が受けられない場合があるので注意が必要です。 自損事故にはどのようなトラブルがあるのか知っておきましょう。

    ≫ 解説をみる

    損害賠償 / 人身事故 /
  • 交通事故の慰謝料

    交通事故の一種「物損事故」とは、ものを破壊してしまう事故の総称です。 もしかしたら、人を傷つけてしまう人身事故と比べると大したことがなく対応も簡単だ、と考える人はいるかもしれません。 しかし、物損事故でももちろん責任が発生し、壊したものはきちんと弁償しなければなりません。 物損事故を起こしてしまったときでも慌てないように、人身事故との違いや物損事故の責任及び罰則、やるべきことなどはしっかり理解しておきましょう。

    ≫ 解説をみる

    損害賠償 / 後遺症 /
  • 交通事故の慰謝料

    自賠責保険は、原付および自動車を使用する際に、すべての運転者に加入を義務付けた強制保険です。 加入せずに運転すると、法律(自動車損害賠償保障法)で罰せられます。 交通事故に遭ってしまった場合、自賠責保険により被害者は「被害者請求制度」を使って最低限の補償を受けられます。 しかし、その補償内容や賠償金の支払いには上限があり、交通事故に遭っても慌てないように事前にこれらの情報を知っておく必要があるでしょう。 (※1)今回は、自賠責保険の慰謝料事情について解説しますので、いざという時に役立つようチェックしておきましょう。

    ≫ 解説をみる

    損害賠償 /
1 2 3 4