1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 相続の用語解説一覧>
  3. 遺産分割

相続 の用語解説一覧

1
  • 相続の遺産分割

    相続を考える上で相続人が誰かということは重要な問題です。誰が相続人になるかは民法で定められています。 同様に、遺産の相続順位と取り分も民法で定められています。 そのため、相続人のことを「法定相続人」ということがあります。 では、法定相続人かそうでないかによって、実際に相続が発生したときどんな違いがあるのでしょうか。今回は、法定相続人について、どんな優先順位になるのか、遺産の取り分はどれくらいかなどを解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    遺産分割 / 遺留分 / 財産 / 遺言 /
  • 相続の遺産分割

    数ある相続税対策の中でも基本といえるのが生前贈与です。生きているうちに被相続人の財産をできるだけ相続人に移し、相続時の財産を減らしておこうというものです。仕組み自体はそれほど難しくはありませんが、効果的に行うためにはちょっとしたコツが必要です。生前贈与の非課税枠を上手に利用し、相続財産を減らすテクニックを学んでおきましょう。生前贈与は、住宅購入や教育費などでお金を必要とする現役世代の暮らしをも楽にしてくれます。

    ≫ 解説をみる

    遺産分割 / 財産分与 / 生前贈与 / 遺言 /
  • 相続の遺産分割

    遺産相続は金銭問題の側面もあるため、トラブルが起きると親族間で骨肉の争いに発展することもめずらしくありません。そこで、遺産を分割するときに相続人全員で協議を行い、合意した内容を書面にまとめることがあります。この書類を遺産分割協議書といい、将来的に起こりうるトラブルを回避する方法として効果的です。それがどのような書類で、どういう効力や役割をもつのか理解しておくと、相続における無用な争いを防ぐ手助けになります。今回は、遺産分割協議書の概要と書き方、使用目的について解説します。

    ≫ 解説をみる

    財産分与 / 生前贈与 / 財産 / 遺言 /
1