街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

相続 の用語解説一覧

1 2
  • 相続の相続人

    相続税とは、大まかにいうと遺産を受け継ぐ際に発生する税金のことです。 しかし日常生活においてあまり馴染みのない税金ですから、その詳細についてよくわからないという人も多いのではないでしょうか。 実は遺産には相続税が課せられる遺産と、課せられない遺産とが存在します。 また、相続する遺産の金額によっては課税されなかったり、法定相続人の数によって相続税の基礎控除額が変わったりもします。 ここでは、こうした相続税について詳しく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    相続人 / 相続税 /
  • 相続の相続人

    故人の財産を受け継ぐ方法には相続と遺贈の2種類があります。 この2つは法律上大きく異なるのですが、実際に遺産を遺す方も受け取る方もその違いを認識している人は少ないでしょう。 しかし当事者双方にとって、この2つの違いを正しく理解しておかないと税制上不利になってしまうことがあります。 さらにトラブルの原因になる危険も持ち合わせています。 そこで今回は、相続と遺贈の違いやそれぞれの注意点について詳しく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    相続税 / 生前贈与 /
  • 相続の相続人

    遺産相続は突然はじまります。 大切な家族が亡くなって気持ちの整理がつかないまま、急に多くの「やるべきこと」に直面するためどうしても慌ててしまいがちです。 遺産分割では初めて経験する手続きも多いので、適切に対処できずに後悔するケースは珍しくありません。 手続きの中には期限が定められているものがあり、せっかく得になる制度であっても期限内に手続きを完了しないと利用できなくなってしまいます。 相続が発生してからの流れや必要な手続きについてあらかじめ知っておけば、そんな失敗をしなくてもすみそうです。

    ≫ 解説をみる

    相続人 / 生前贈与 /
  • 相続の相続人

    相続税対策の1つとして生前贈与を行う場合は、特例を含めた贈与税の非課税枠を積極的に活用することが大切です。 非課税枠を利用する場合は贈与税の申告義務があるものもありますが、基礎控除利用については申告義務がありません。 また、贈与の当事者間や第三者などとの間で贈与があったかどうかでトラブルになる可能性も否定できません。 対策としては贈与契約書を残すのが有効な方法です。 そこで、贈与税の非課税の規定や贈与契約の意味、贈与契約書のポイントなどについてお伝えします。

    ≫ 解説をみる

    相続人 / 生前贈与 /
  • 相続の相続人

    相続税は少しでも減らしたいと誰もが考えるものです。 事前に対策を講じておけばしっかり節税することができますが、対策をしておかないと後々損をすることになってしまいます。 そこで今回は、生前にやっておきたい相続税の基本的な対策について紹介していきます。 法律の改正で相続税の非課税枠が下がったことにより、多くの人が相続税の対象となる可能性が高くなります。 財産を引き継ぐ前に相続税対策をして負担を減らしましょう。

    ≫ 解説をみる

    相続人 / 相続税 /
  • 相続の相続人

    相続税の計算はとても複雑です。 自分の家の評価額を計算することも容易ではありません。 そもそも相続税がかかるのか、またかかるとしたらいくらかかるのか見当もつかないという人もいるでしょう。 また、親と同居している場合と親が一人暮らしの場合など、相続する家の状況が異なれば相続税も少なからず変わってきます。 自分の家の状況を踏まえてしっかりと計算しておきたいところです。 今回は住んでいる家と空き家の場合を比較しながら、相続税の違いなどを解説します。

    ≫ 解説をみる

    相続人 / 遺言 /
  • 相続の相続人

    相続税は、被相続人(亡くなった人)が保有していた預貯金や有価証券、不動産などのプラスの財産から借入金などのマイナスの財産を差し引いた遺産額をもとに計算されます。 しかし、必ず課税されるわけではありません。 そのため、相続税がかかるかどうかについては、生前から相続財産がどれぐらいあるのかを知っておくことが必要です。 では、亡くなったときに支払われる生命保険の保険金は相続税の対象になるのでしょうか。 今回は生命保険金について詳しく解説します。

    ≫ 解説をみる

    相続人 /
  • 相続の相続人

    死亡保険金とは、被保険者が亡くなったときに給付される保険金のことです。 残された遺族にとっては当面の生活費や葬儀費用などに使える大切なお金ですが、実は被保険者が誰なのか、保険料を誰が負担しているのか、また保険金を受け取るのは誰なのかによって、所得税・贈与税・相続税のいずれかが発生することがあります。 今回はその中でも相続税が発生するときの条件や負担を抑えるためにどんなことに気を付けるべきか、詳しく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    相続人 /
  • 相続の相続人

    遺産相続において、配偶者が相続するときには税金がかからないという話をよく聞きます。 確かに、課税されることは少ないのですが、必ずしも税金がかからないわけではありません。 また、税金対策として遺産をできるだけ配偶者に相続させたほうがよいと考える人もいますが、これにも意外な落とし穴が潜んでいます。 そこで、いざというとき困らないために、配偶者控除と呼ばれる税金が安くなるシステムについて詳しく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    財産分与 / 遺言 / 登記 /
  • 相続の相続人

    生命保険に加入すると、定められた条件に従って死亡保険金や満期保険金などを受け取ることができます。 その保険金を全額使うことができればよいのですが、保険金には原則として税金がかかることになっています。 また、保険契約の内容によってかかる税金の種類も違ってきます。 税金の種類が違えば税負担も変わります。 そこで、保険契約における契約者・被保険者・受取人の組み合わせごとにどんな税金の対象になるかについてお伝えします。

    ≫ 解説をみる

    相続人 /
1 2