1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 借金・債務整理 の用語解説一覧

借金・債務整理 の用語解説一覧

1 2
  • 借金・債務整理の債務整理

    消費者金融市場の活性化に伴い、複数業者からの多重債務で首が回らなくなっているという人は増えてきています。 このような事情を背景に、国や地方自治体では生活困窮者支援制度などのさまざまな多重債務者対策を行っています。 多重債務が原因で生活が困窮しているという人は、まずは各自治体の窓口に相談するのがおすすめですが、自治体によっては予約が必要だったり、時間内では満足な話ができなかったりするなど、スピーディーな解決を図ることが難しいケースもあります。 多重債務対策にはいくつかの方法がありますが、まずはどんな選択肢があるのかを知っておけば、相談をする際も自分の希望を伝えやすくなります。 そこで今回は多重債務から解放されるための4つの方法について、詳しく解説します。

    ≫ 解説をみる

    消費者金融 / 過払い金 / 破産 / 債務者 / 借金 / 任意整理 /
  • 借金・債務整理の破産

    借りたお金はきちんと返すべきですが、どうしても返せなくなったという場合は、任意整理をすることによって借金の返済がしやすくなります。 しかし、借金の額が多すぎたり、換金できる財産がなかったりと借金を返す手段がない場合は、破産をして借金額をゼロにする方法もあります。 破産はデメリットも多い一方、借金を根本的に解決できる方法でもあります。 今回は、数ある救済手段のなかでも最後のとりでといわれる「破産」について、詳しく解説します。

    ≫ 解説をみる

    消費者金融 / 破産 / 債務者 / 借金 / 免責 /
  • 借金・債務整理の時効

    借金は返済しなければいけないものですが、事情によっては返すことが難しくなってしまう場合もあります。払いたくても払えない債務に頭を抱え、自己破産などの債務整理を考えている人も少なくないでしょう。 しかし、債務整理も返済もせずに、借金が全額消えてしまうケースがあることを知っていますか。 ここでは、借金がすべてなくなる「借金の消滅時効」について解説していきます。 これから説明する条件に当てはまっている場合は、もしかしたらあなたの借金もすでに消えているかもしれません。

    ≫ 解説をみる

    時効 / 借金 / 銀行 / 滞納 /
  • 借金・債務整理の債権回収

    友人や知人に貸したお金を返してもらおうと思ったときに、裁判所を利用した手続きを進めるのはハードルが高いように感じ、仕方なく口頭で請求している人は多いでしょう。しかし、口頭だけでは返してもらえなかったり、最悪の場合は連絡がとれなくなったりする可能性もあります。ここでは、法的手段で訴えた場合に利用する「支払督促」の内容や流れについて説明していきます。口頭でどう伝えようか悩むよりも、支払督促を利用した方がスムーズに解決できることもあります。貸したお金を確実に返してもらうためにも、支払督促について理解を深め利用を検討しましょう。

    ≫ 解説をみる

    時効 / 借金 /
  • 借金・債務整理の債権回収

    債務不履行は意外と身近な問題です。ネットや店舗などで商品を購入した際にも起こりうることです。たとえば、家電量販店で電動自転車を5万円で購入し支払いを済ませ、10日後に自宅に配送してくれるように手続きをしたとします。しかし、もし配達されてきた電動自転車が壊れていて、店側に返金を求めても応じない場合、これは「正当な理由なくして債務が履行されない」という債務不履行の事例に当てはまる可能性があります。もしこのような場面に遭遇したら、どのように対処すれば良いのでしょうか。債務不履行はいつ起こるかわかりません。だからこそ、正しい対処法を知っておくことがとても重要なのです。ここでは、具体例を交えながら日常のなかで起きる債務不履行の対処法について詳しく解説します。

    ≫ 解説をみる

    弁護士 / 債務者 /
  • 借金・債務整理の弁護士

    うっかり支払いを忘れていて家に督促状が届いてしまった、という経験のある人も多いかもしれません。督促状の封筒には「重要」と記載されていますので、慌てたり戸惑ったりすることもあるでしょう。督促状が届いても正しく対処すれば、特に問題はありません。しかしそのまま放置していると、事態が深刻になってしまう恐れがあります。そこで今回は督促状の説明と、無視し続けたらどうなってしまうのかということについて解説します。

    ≫ 解説をみる

    弁護士 / 借金 / 滞納 /
  • 借金・債務整理の債権回収

    税金や借金の支払いが滞ると、差押予告書という書類が届くことがあります。差押予告書というのは、いわば最後通告のようなもので、もしそれを無視して滞納を続けてしまうと、大切な財産が強制的に差し押さえられてしまうことになります。予告書を無視して財産が差し押さえられたら、それを取り戻すことは二度とできなくなるでしょう。そうならないよう、予告書が届くまえに何らかの対策を講じるのはもちろん、届いたあとでも適切な対処をすることが重要です。ここでは、差し押さえについてくわしく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    弁護士 / 借金 / 滞納 /
  • 借金・債務整理のブラックリスト

    生活費が少々足りなくなった、冠婚葬祭などでまとまったお金を用立てなければならないなど、思いがけずお金が必要になる場面は少なくありません。借金はあまりしたくないと思っていても、こうした止むにやまれぬ理由で借金をしてしまうことは誰にでもあるでしょう。しかし、お金を借りることのリスクをしっかりと把握していれば、借金によって状況を立て直すことも決して悪い方法ではありません。ここでは、借金をした場合に注意するポイントや、信用情報に登録される内容とその期間など、借金に関する基本的な知識をご紹介します。

    ≫ 解説をみる

    借金 / 滞納 /
  • 借金・債務整理の弁護士

    金銭の貸し借りや雇用の問題、知的財産権といったトラブルを法的に解決しようとするときは、民事裁判によって争われるのが一般的です。ただし、通常の訴訟手続きの場合でも、多くの時間と費用に加え専門的な知識も必要になり、それにかかる労力は決して少ないものではありません。そのため、トラブルを抱えていても、なかなか提訴に踏み切れないという人もいるでしょう。そんなときに有効なのが、少ない費用でスピーディーに法的解決が望める「少額訴訟」です。ここでは少額訴訟について詳しく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    弁護士 /
  • 借金・債務整理の債務整理

    不景気にさらされる多くの経営者にとって、資金繰りはいつも頭を悩ませる種であるといえるでしょう。会社が倒産してしまうかどうかは、この「資金繰り」にかかっていると考える人は多いからです。そんななかで、もし会社が債務超過に陥ったら、経営者はすでに黄色信号が点灯していると焦り、絶望的な気持ちになってしまうかもしれません。しかし実際には債務超過になっているからといって必ずしも倒産に向かっているとは言い切れず、その状態から立て直すことも当然可能といえます。そこで今回は債務超過とは一体どういう状態なのか?どうすれば債務超過を解消できるのかに焦点をあて、詳しく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    破産 / 債務者 / 借金 /
1 2

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】簡単1分!
あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

どなたでもお気軽に診断ができます。