街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

労働 の用語解説一覧

1
  • 労働の解雇

    一般的な解雇というのは、普通解雇と懲戒解雇とにわけることができます。 どちらも雇用者側が労働者をクビにするということですが、実は普通解雇と懲戒解雇では解雇の意味が異なります。 懲戒解雇を受けると、その後の就職にも影響を与えることがあるため、気をつけなければなりません。 しかし、会社側から不当に懲戒解雇処分を受ける事例も少なくなく、もしそのような場面に自分が遭遇したら、しっかりと自己防衛できる手段を身につけておくことが大切です。 今回は、懲戒解雇の定義といった基本的なことから、不当な懲戒解雇に出くわしたときの対処法まで解雇について幅広く解説します。

    ≫ 解説をみる

    労働契約 / 労働組合 / 解雇 / 退職 / 災害 / 転職 /
  • 労働の解雇

    日本の労働者は法律により、時間外労働には特別な報酬が追加されるよう定められています。 これを「時間外手当」や「残業代」と呼びますが、なかには残業代を節減しようと試みる企業もあります。 そして、金銭的に報われない「サービス残業」が日常化し、従業員を苦しめています。サービス残業には素直に従わず労働者の権利を行使する意識がなければ、企業の体質は変わりません。 ここでは、サービス残業の実態について詳しく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 /
  • 労働の解雇

    正社員として入社したとしても定年まで必ず働き続けられる保証はなく、会社から解雇を言い渡されることもあります。 しかし、会社はいつでも社員を自由に解雇できるわけではなく、定められたルールに則って行わなければなりません。 そのため、不当な解雇があったときは泣き寝入りせず、自分の権利を最大限守れるようにしておきましょう。 そこで今回は、解雇される前に知っておきたい、解雇予告の必要性と解雇予告手当について詳しく解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    解雇 /
  • 労働の解雇

    企業を取り巻く環境は厳しさを増し、コストの中でも比率の高い人件費をどうにか削ろうと動く企業は多いものです。 リストラの断行や早期退職の促進は人件費削減のための方策の一環です。 コスト減の施策として行われるものには退職勧奨もあります。 退職勧奨はその名が示す通り「退職を勧める」ものです。 退職勧奨は一見違法性がありそうですが、すべてが違法となるわけではありません。 退職勧奨には規定があり、その方法もさまざまです。 ここでは、退職勧奨とはどのようなものなのか、その規定などについて解説します。

    ≫ 解説をみる

    休暇 /
  • 労働の解雇

    自己都合退職と会社都合退職の違いを知っているでしょうか。 会社都合退職は、普通の退職よりも有利な点がいくつもありますが、知識を持っていないと自己都合退職として扱われてしまうことがあります。 しかし知識があれば、不当な扱いをされるのを予防することや、されても引っくり返すことができるようになるのです。 会社都合退職の内容や、自己都合退職と異なるポイントなど基本の知識を理解して、もしもの場合に役立てましょう。

    ≫ 解説をみる

    労働組合 / 解雇 / 退職 / 転職 /
  • 労働の解雇

    ある日突然会社から解雇を言い渡されたら、動揺してしまったり、今後の生活を考えて不安になってしまったりするのではないでしょうか。 会社は相当の理由がない限り、労働者の解雇は本来容易には認められません。 そのため、自分では思い当たる理由がないのに急に解雇を告げられた場合には不当解雇の可能性も考えられます。 不当解雇とはどのような要件があてはまるのか、また万が一不当解雇と考えられる状況に遭遇したときにどのように対処すればよいかについて解説します。

    ≫ 解説をみる

    解雇 /
  • 労働の解雇

    就職したとしても定年になるまで働き続けられる保証はなく、会社側が従業員に対して解雇を言い渡すことができます。 しかし、日本の労働者はある程度は法律で守られているため、簡単に会社が解雇をいい渡すことはできません。 もしも従業員に何の落ち度もなく、また会社の経営が苦しいわけでもない場合に解雇されたら、それは不当解雇となります。そこで、今回は解雇の種類と解雇になる理由について詳しく解説していきます。 不当解雇の憂き目に遭わないためにも、正しい知識を身につけていきましょう。

    ≫ 解説をみる

    労働契約 / 解雇 / 退職 /
1