1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 労働の用語解説一覧>
  3. 労働基準監督署

労働 の用語解説一覧

1
  • 労働の労働基準監督署

    日本では残業が全くない企業はほとんど存在しないというのが実情です。 それどころか、毎日のように長時間の残業を強いているところも珍しくありません。 そして、聞こえてくるのは「月に40時間くらいの残業は当たり前」などといった声です。 しかし、月に40時間の残業は本当に当たり前であり、働きすぎにはあたらないのでしょうか。 そこで、月に40時間の残業がどのようなものなのかを考察し、また法律的にそれが許されているのかどうかなどについて解説をしていきます。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 賃金 / 手当 / 労働組合 / 退職 /
  • 労働の労働基準監督署

    働くことが楽しくて長時間労働をしている人も仕事が終わらないから残業をしている人も、働きすぎは過労死を招くおそれがあると知っておくことはとても大切です。仕事が原因で死を招かないよう、未然に予防する方法を知っておく必要があります。また、過労死は現役世代の突然死全てに当てはまるのではなく、過労死と認定される症状は限られています。働く人すべてが知っておきたい過労死とは何か、過労死を防ぐ方法はあるのかについて幅広く解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    自殺 / 長時間労働 / 労働契約 / 労働組合 / 過労死 / 災害 /
  • 労働の労働基準監督署

    仕事を退職したときに頼りになるのが失業保険です。失業保険は一般的に退職前の6カ月間の給料で給付額が決定します。そのため、新しい職に就くまでの間、失業保険を受け取れるかどうかによって経済的に大きな差が出てくるのです。退職後の生活に不安を与えないためにも、確実に受け取れるように正しい知識を身につけておくことが大切です。そこで、今回は受給までの基本的な流れや勘違いしやすい失業保険の仕組みについて解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    手当 / 解雇 / 退職 /
  • 労働の労働基準監督署

    年次有給休暇は、労働者が仕事で疲れた心身を癒すことを目的として法律で定められた休暇です。入社して6ヵ月が過ぎると付与されますが、労働日数によって付与される有給休暇の日数が変わります。また、出勤日数が少ないと有給休暇が付与されないことがあったり、繁忙期には取得できないことがあったりするなど、いくつかのルールがあります。では、年次有給休暇についてどれくらい理解できているでしょうか。ここでは、有給休暇についてよくある疑問とその回答をお伝えします。

    ≫ 解説をみる

    賃金 / 休暇 /
1

残業代診断シミュレーター