1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 労働の用語解説一覧>
  3. 残業

労働 の用語解説一覧

1 2 3
  • 労働の残業

    多くの会社では残業はもはや日常と化しています。 社員も毎日残業ばかりで嫌になるとぼやきながらも、結局はそれを仕方ないことだと受け入れている節があります。 しかし、残業というものは決して気軽に命じてよいものではありません。 社員に残業を依頼する際には厳密なルールが存在し、それを守らなければ違法となってしまうのです。 意外とこの事実を知らない人が多いのではないでしょうか。 そこで、労働基準法では従業員の労働時間をどのように規定していて、残業はどの程度認められているのかについて解説をしていきます。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 /
  • 労働の残業

    ブラック企業の特徴はさまざまありますが、往々にして言えるのが労働時間と残業時間が問題となっている場合が多いということです。 労働時間と残業時間の基準についてあらかじめ知っておけば、ブラック企業を見分けるのに役立てることができ、入社を未然に防ぐことにもつながるといえるでしょう。 この記事では、労働時間の基準や、法的に認められている残業時間の基準、残業時間の規定を超えた場合の対処法などについて解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 災害 /
  • 労働の残業

    残業とは就業時間後も残って仕事をすることです。 基本的には上司の指示に基づいて行うことになります。 しかし、残業には法定外と法内の2種類の残業があることや残業をした場合の手当の額は法律によって最低金額が定められていることまで理解している人は少ないのではないでしょうか。 残業をする可能性がある人は、残業の種類や手当の計算方法を理解しておくことも大切でしょう。 そこで、残業の定義と残業手当の計算方法についてお伝えします。

    ≫ 解説をみる

    残業 /
  • 労働の残業

    厚生労働省が定める「時間外労働の限度に関する基準」では1カ月の時間外労働の時間を45時間を上限としています。残業時間、月45時間以上は違法です!日本の企業では当たり前のように残業を従業員に行わせているのに、相応の残業代を支払っていないケースが目立ちます。 あまりにも日常化しすぎた光景なので、残業代をあきらめている会社員も少なくありません。 しかし「払わなくてもいい残業代」は原則として認められておらず、不当な労働を強制されている会社員は声を大にして抗議するべきでしょう。 ここでは、残業代未払いの違法性と、残業代を請求する方法について解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    残業 /
  • 労働の残業

    日本人は断るのが苦手で、断りたくても残業しがちですよね…。日常的に残業をしているという人は多いですが、私たちは1日中働き続けられるわけではなく、休息も仕事の効率を上げるためには重要です。 日本では過労死が社会的な問題にもなっているため、残業の上限について気になる人も少なからずいることでしょう。 そこで今回は、残業に法的な制限時間があるか否かを解説していきます。 また、長時間残業をすることで起こるデメリットや、残業時間が長い会社に勤める際の注意点などもあわせて紹介します。

    ≫ 解説をみる

    残業 /
  • 労働の残業

    残業が毎日のように続いていたとしても、残業代さえきっちり支払われていれば救いようがあります。 もし、残業をしているのに、残業代が少ないと感じたら、それはもしかしたら残業代がしっかり支払われていないのかもしれません。 未払いの残業代を請求するのは労働者としての当然の権利です。 しかし、相手方の企業によっては、未払いの残業代の支払いを渋ることもあるかもしれません。 ここでは、支払われていない残業代を請求する方法や、その際に気をつけておきたいポイントなどをご紹介します。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 賃金 / 手当 / 労働組合 /
  • 労働の残業

    深夜残業は体に負荷がかかりますが、その分だけ多くの手当てがもらえます。 しかし、法的には深夜とは何時から何時までを指すのか、支払われている賃金は労働基準法で定められた金額を満たしているかどうかまで気にしている人は少ないのではないでしょうか。 深夜残業について正しく理解して自分の権利や健康を守るのは大切なことです。 そこで、深夜残業が多い業界をご紹介したうえで、深夜残業の定義や深夜残業をした場合の手当の計算方法などについてお伝えします。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 労働契約 / 手当 /
  • 労働の残業

    労働基準法により、日本では規定の労働時間を超える残業に対して企業は従業員に報酬を支払う必要があると定められています。しかし、多くの企業が残業代の上限を設けて毎月の給料に含めてしまう「みなし残業」を採用しています。 みなし残業によるメリットもないわけではありません。 それでも、みなし残業が従業員の不利益になるケースも少なくないのです。 ここでは、みなし残業代を詳しく解説し、違法な労働環境で従業員を働かせている企業の危険性について考えます。みなし残業でも固定時間の超過分に関しては残業代を請求できます。もしも、今すぐ残業代を請求したい場合は”残業代請求シミュレーター”を使ってみてください。 無料で残業代の請求できる金額を診断して、実際に請求もできるようになっています。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 労働組合 / 退職 /
  • 労働の残業

    海外の労働者と比較して日本人は働きすぎだと言われています。 また「Karoshi」という言葉が英語でも通用するようになっているなど、苛酷な労働環境は日本の社会問題のひとつとして大きな注目を集めています。 しかし実際のところ、自分の残業時間がほかの人と比較して多いのか少ないのか、今ひとつ分からないという人も多いのではないでしょうか。 そこで、日本人の残業時間の平均や業種による残業事情などについて詳しく解説します。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 賃金 / 手当 /
  • 労働の残業

    固定残業代は企業側が残業代の計算を楽に行えるメリットがあります。 結果的に残業代の計算も正確になるので従業員の得になっているとも言えます。 また、固定残業代よりも残業時間が少ない月に関しては労働時間以上の報酬を受けられます。 しかし、固定残業代に関連する問題や不満も少なくなく、決して万能のシステムとは断定できないでしょう。 従業員が心身の安全を保ちながら働き続けるために、固定残業代の詳細を知っておくのがおすすめです。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 手当 /
1 2 3