1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 労働の用語解説一覧>
  3. 残業

労働 の用語解説一覧

1 2
  • 労働の残業

    深夜残業は体に負荷がかかりますが、その分だけ多くの手当てがもらえます。 しかし、法的には深夜とは何時から何時までを指すのか、支払われている賃金は労働基準法で定められた金額を満たしているかどうかまで気にしている人は少ないのではないでしょうか。 深夜残業について正しく理解して自分の権利や健康を守るのは大切なことです。 そこで、深夜残業が多い業界をご紹介したうえで、深夜残業の定義や深夜残業をした場合の手当の計算方法などについてお伝えします。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 労働契約 / 手当 /
  • 労働の残業

    労働基準法により、日本では規定の労働時間を超える残業に対して企業は従業員に報酬を支払う必要があると定められています。しかし、多くの企業が残業代の上限を設けて毎月の給料に含めてしまう「みなし残業」を採用しています。 みなし残業によるメリットもないわけではありません。 それでも、みなし残業が従業員の不利益になるケースも少なくないのです。 ここでは、みなし残業代を詳しく解説し、違法な労働環境で従業員を働かせている企業の危険性について考えます。みなし残業でも固定時間の超過分に関しては残業代を請求できます。もしも、今すぐ残業代を請求したい場合は”残業代請求シミュレーター”を使ってみてください。 無料で残業代の請求できる金額を診断して、実際に請求もできるようになっています。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 労働組合 / 退職 /
  • 労働の残業

    海外の労働者と比較して日本人は働きすぎだと言われています。 また「Karoshi」という言葉が英語でも通用するようになっているなど、苛酷な労働環境は日本の社会問題のひとつとして大きな注目を集めています。 しかし実際のところ、自分の残業時間がほかの人と比較して多いのか少ないのか、今ひとつ分からないという人も多いのではないでしょうか。 そこで、日本人の残業時間の平均や業種による残業事情などについて詳しく解説します。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 賃金 / 手当 /
  • 労働の残業

    固定残業代は企業側が残業代の計算を楽に行えるメリットがあります。 結果的に残業代の計算も正確になるので従業員の得になっているとも言えます。 また、固定残業代よりも残業時間が少ない月に関しては労働時間以上の報酬を受けられます。 しかし、固定残業代に関連する問題や不満も少なくなく、決して万能のシステムとは断定できないでしょう。 従業員が心身の安全を保ちながら働き続けるために、固定残業代の詳細を知っておくのがおすすめです。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 手当 /
  • 労働の残業

    企業も残業代を払わないまま従業員を酷使しているケースが目立ちます。 残業代が払われていないのに過剰労働を続けていては従業員の健康が損なわれますし、会社の悪評が立つなど経営陣にとってもデメリットが生じます。また、漫画のように残業とは別に飲み会会社の行事として飲み会を実施している場合には残業として考えられ残業代の請求範囲に該当するケースはあります。 今回はそもそも残業の定義として、すべての社会人が知っておくべき「時間外労働の定義」を解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 賃金 /
  • 労働の残業

    なかなか仕事が終わらない、人手が足りなくて仕事量が多くなったなど、さまざまな理由で残業が積み重なっている人が多くなっています。 1日1時間くらいの残業であっても、月22日間毎日行えば22時間となり、決して残業時間が少ないとは言えません。 残業が多い人が気をつけなければならないのは残業時間には上限があるということです。 また、そもそも残業を行うには、労使間でサブロク協定を結んでいなければなりません。 残業時間は何時間まで認められているのでしょうか。 そして残業が認められるサブロク協定とはどういうものなのでしょうか?残業時間の規定について解説します。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 労働組合 / 災害 /
  • 労働の残業

    漫画のように死ぬほど働いてるけど残業代が全くもらえていない人もいるのではないでしょうか?実際にどのような場合が残業に含まれるのか、どのように未払い請求をすればよいのかといった具体的な内容についてはよく知らないという人もいるでしょう。未払いの残業代があるけれどなかなか会社には言いづらいという悩みを抱えている人も多いかもしれません。厚生労働省の調査によれば、残業代の未払いに関する相談件数は年々増加傾向にあるようです。そこで今回は、未払い請求の方法や気をつけるべきポイントについて詳しく解説します。本当に困っていて今すぐ計算したいのであれば残業代請求シミュレーターを使ってみてください!漫画とは違って365日24時間利用可能で誰でも匿名無料で簡単に残業代を請求できるようになっています。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 賃金 /
  • 労働の残業

    不当な時間外労働によって従業員を酷使している会社は少なくありません。 もしも自分の会社が「怪しい」と感じたら、残業代を自力で計算してみましょう。 本来支払われるはずの残業代と実際に支給されている残業代に開きがあったら違法性の高い給料システムだと言えます。 従業員には会社に抗議して、正当な残業代を受け取る権利があります。 しかし、残業代の仕組みを分かっていない人も少なくありません。 ここでは、残業代の正しい計算方法について解説します。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 手当 / 労働組合 /
  • 労働の残業

    諸外国に比べて日本人は働きすぎだとよくいわれます。 それは残業時間の長さが原因になっていると考えられています。 残業というものには、労働法によって明確な基準が設けられていますが、自分が月にどのくらい残業しているのか正確に把握している人は意外と少ないのではないでしょうか。 法律が定める労働時間を超えて勤労をすれば、それに相応しい見返りを要求するのは労働者の当然の権利です。 ここでは、法律で定めている労働時間や残業時間の定義について解説します。 まずは自分がどの程度残業しているのか把握してみてください。 そのうえで、主張すべきことはしっかりと主張していくように心がけましょう。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 労働契約 /
  • 労働の残業

    会社に雇われている被雇用者は何時間働いて良いわけではありません。 法律によって決められた労働時間というものがあり、月の平均的な労働時間を大幅に超える場合は、ブラック企業である可能性が高いと言えます。 しかし、月の平均的な労働時間を知らなければ、自分のケースと比較して考えることができず、雇用されている会社がブラック企業かどうかの判断がつきません。 そこで、法定時間と所定労働時間といった労働時間に対する正しい知識を身につけていきましょう。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 慰謝料 / 労働組合 /
1 2

残業代請求シミュレーター