1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 労働 の用語解説一覧

労働 の用語解説一覧

1 2 3
  • 労働の残業

    なかなか仕事が終わらない、人手が足りなくて仕事量が多くなったなど、さまざまな理由で残業が積み重なっている人が多くなっています。 1日1時間くらいの残業であっても、月22日間毎日行えば22時間となり、決して残業時間が少ないとは言えません。 残業が多い人が気をつけなければならないのは残業時間には上限があるということです。 また、そもそも残業を行うには、労使間でサブロク協定を結んでいなければなりません。 残業時間は何時間まで認められているのでしょうか。 そして残業が認められるサブロク協定とはどういうものなのでしょうか?残業時間の規定について解説します。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 労働組合 / 災害 /
  • 労働の労働基準監督署

    日本では残業が全くない企業はほとんど存在しないというのが実情です。 それどころか、毎日のように長時間の残業を強いているところも珍しくありません。 そして、聞こえてくるのは「月に40時間くらいの残業は当たり前」などといった声です。 しかし、月に40時間の残業は本当に当たり前であり、働きすぎにはあたらないのでしょうか。 そこで、月に40時間の残業がどのようなものなのかを考察し、また法律的にそれが許されているのかどうかなどについて解説をしていきます。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 賃金 / 手当 / 労働組合 / 退職 /
  • 労働の残業

    未払いの残業代があるけれどなかなか会社には言いづらいという悩みを抱えている人も多いかもしれません。 厚生労働省の調査によれば、残業代の未払いに関する相談件数は年々増加傾向にあるようです。 実際にどのような場合が残業に含まれるのか、どのように未払い請求をすればよいのかといった具体的な内容についてはよく知らないという人もいるでしょう。 そこで今回は、未払い請求の方法や気をつけるべきポイントについて詳しく解説します。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 賃金 /
  • 労働の残業

    不当な時間外労働によって従業員を酷使している会社は少なくありません。 もしも自分の会社が「怪しい」と感じたら、残業代を自力で計算してみましょう。 本来支払われるはずの残業代と実際に支給されている残業代に開きがあったら違法性の高い給料システムだと言えます。 従業員には会社に抗議して、正当な残業代を受け取る権利があります。 しかし、残業代の仕組みを分かっていない人も少なくありません。 ここでは、残業代の正しい計算方法について解説します。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 手当 / 労働組合 /
  • 労働の残業

    諸外国に比べて日本人は働きすぎだとよくいわれます。 それは残業時間の長さが原因になっていると考えられています。 残業というものには、労働法によって明確な基準が設けられていますが、自分が月にどのくらい残業しているのか正確に把握している人は意外と少ないのではないでしょうか。 法律が定める労働時間を超えて勤労をすれば、それに相応しい見返りを要求するのは労働者の当然の権利です。 ここでは、法律で定めている労働時間や残業時間の定義について解説します。 まずは自分がどの程度残業しているのか把握してみてください。 そのうえで、主張すべきことはしっかりと主張していくように心がけましょう。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 労働契約 /
  • 労働の残業

    会社に雇われている被雇用者は何時間働いて良いわけではありません。 法律によって決められた労働時間というものがあり、月の平均的な労働時間を大幅に超える場合は、ブラック企業である可能性が高いと言えます。 しかし、月の平均的な労働時間を知らなければ、自分のケースと比較して考えることができず、雇用されている会社がブラック企業かどうかの判断がつきません。 そこで、法定時間と所定労働時間といった労働時間に対する正しい知識を身につけていきましょう。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 慰謝料 / 労働組合 /
  • 労働の残業

    残業をしていることが仕事をしていることと思われていたのは過去のこと。 そして残業禁止という企業が多くなってきている今日まで、残業への認識は大きく変わってきています。 それには残業代が企業のコストを圧迫していることが背景にあるようです。 そんななかで増えているのはサービス残業です。 サービス残業をするのは当たり前という風潮があるなかで違法性はないのでしょうか。 サービス残業とはどういうものなのか、サービス残業の違法性などサービス残業について掘り下げます。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 労働組合 /
  • 労働の残業

    決められた労働時間を超えて働くことには、所定外労働時間と時間外労働時間の2つがあります。 名前はよく似ている両者ですが、意味合いには大きな違いがあります。 所定外労働時間と時間外労働時間では賃金にも差があるため、2つの違いについて知ることは大切です。 そこで今回は、2つの労働時間について詳しく説明し、どちらが残業時間に当てはまるのかを解説していきます。 また、大まかな残業代の算出方法もあわせて紹介していきます。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働契約 / 賃金 / 労働組合 /
  • 労働の残業

    残業代の未払いが問題になっているなかで、そもそも「サービス残業の違法性」に気がついていない従業員もいます。 企業が残業代を払わなくてもいい「理屈」を信じ込ませているため、残業代が少なくても「仕方がない」とあきらめている人は多いのです。 そんなときは、労働時間の平均を調べてみるといいでしょう。 自分と条件が似ている人たちが平均してどんな待遇を受けているのかを知ると、残業について考えるきっかけとなります。 ここでは、労働時間の平均を解説します。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 / 労働組合 /
  • 労働の残業

    自分が普段どれだけ働いて、どれだけ給料を得ているのか正確に把握している人は意外と少ないのではないでしょうか。 自分が得られるはずの給料を正確に算出するためには、まず残業を含めて自分がどれだけ働いているかということを理解することが大切です。 ただ、労働時間というのは会社によってまちまちです。 もらえるはずの給料を正確に把握するためにも、まずは労働時間に基づいた給料の計算方法を知っておく必要があります。 今回は、労働時間に関する基礎知識や残業の定義、また残業代の計算方法などについて詳しく解説します。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 労働契約 / 賃金 / 手当 /
1 2 3

残業代診断シミュレーター