1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 労働 の用語解説一覧

労働 の用語解説一覧

1
  • 労働の労働基準監督署

    仕事を退職したときに頼りになるのが失業保険です。 失業保険は一般的に退職前の6カ月間の給料で給付額が決定します。 そのため、新しい職に就くまでの間、失業保険を受け取れるかどうかによって経済的に大きな差が出てくるのです。 退職後の生活に不安を与えないためにも、確実に受け取れるように正しい知識を身につけておくことが大切です。 そこで、今回は受給までの基本的な流れや勘違いしやすい失業保険の仕組みについて解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    手当 / 解雇 / 退職 /
  • 労働の労働基準監督署

    年次有給休暇は、労働者が仕事で疲れた心身を癒すことを目的として法律で定められた休暇です。 入社して6ヵ月が過ぎると付与されますが、労働日数によって付与される有給休暇の日数が変わります。 また、出勤日数が少ないと有給休暇が付与されないことがあったり、繁忙期には取得できないことがあったりするなど、いくつかのルールがあります。 では、年次有給休暇についてどれくらい理解できているでしょうか。 ここでは、有給休暇についてよくある疑問とその回答をお伝えします。

    ≫ 解説をみる

    賃金 / 休暇 /
  • 労働の労働紛争

    労働基準法第36条、通称「36協定」は、従業員の時間外労働や休日出勤に関する法律として認知されています。 残業代の未払いが問題になることも多くなるにつれ、36協定を悪法として糾弾する声も少なくありません。 しかし、36協定は決して理不尽な労働者の酷使を奨励しているような法律ではなく、むしろ36協定によって労働者が守られている側面も大きいのです。 ここでは、健全な労働体系を実現するために知っておきたい36協定の概要を説明します。

    ≫ 解説をみる

    賃金 /
  • 労働のパワハラ

    立場を利用して目下の人間に威圧的な態度を取り、激しい精神的苦痛を与えるパワーハラスメント(パワハラ)は、全ての社会人にとって無関係とはいえません。 自分が被害者になったり、無意識のうちに加害者になったりする可能性もあるでしょう。 また、身近な人間がパワハラに巻き込まれたとき、的確なアドバイスができれば状況を改善できるかもしれません。 ここでは、過去の事例などを参照しながら、パワハラについての問題点や対処法を解説していきます。

    ≫ 解説をみる

    パワハラ / 慰謝料 /
  • 労働のセクハラ

    セクハラは「どこからがセクハラ」という明確な基準がないため、定義が難しい問題です。 たとえ、自分でセクハラをしているつもりがなかったとしても、相手が不快に感じればセクハラは成立します。 セクハラについて正しい知識がないと、自覚がないままセクハラの加害者となってしまい、訴えられて初めて気がつくという場合もあります。 セクハラのない職場をつくるためには、セクハラの種類や基準を把握し、加害者や被害者を生まないよう対策を考える必要があるのです。 そこで、セクハラを未然に防ぐために、最低限必知っておきたい知識について紹介します。

    ≫ 解説をみる

    セクハラ / 慰謝料 /
  • 労働の残業

    仕事をしていれば残業をするのは日常茶飯事という人も多いでしょう。 しかし、頑張って残業したのに残業代の支払いを受けていないということもあります。 サービス残業分の残業代の支払いを受けたいと考えたら、会社に対して未払い残業代の請求をしましょう。 ただ、いざ請求をしようと思っても具体的に何をすれば良いのかよくわからない人もいるのではないでしょうか。 そこで、残業代請求について多くの人が抱く疑問について答えていきます。

    ≫ 解説をみる

    残業 / 長時間労働 /
1