1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 債権回収の事例一覧>
  3. その他>
  4. 債務者の資産がなくても債権者代位権を行使・・
判例要約
rissuru

債務者の資産がなくても債権者代位権を行使することはできるかな~?

ずばり! 債権者代位権を行使することができる

なぜ、債権者代位権を行使することができるのか?「街角相談所-法律-」
では、実際にあったお話しをもとに解りやすく解説します。

債務者の資産がなくても債権者代位権を行使することはできるか?

実際にあったお話し

ある日、太郎さんと一郎さんはお父さんである二郎さんの土地を相続して共有して持っていました。

ところが、その土地は二郎さんが三郎さんに売っていたもので、三郎さんがお金を払わないままでした。

その後、三郎さんが太郎さんと一郎さんに対して、お金を払うから土地の登記を移してほしいと言いました。

しかし、一郎さんは断りました。

そのため、三郎さんは「登記を移すまではお金を払わない」と言ってきました。

困った太郎さんは、一郎さんに対して、三郎さんが一郎さんに対して持っている移転登記請求権を代わりに行使しました(このように他の人の権利を代わりに行使することを債権者代位と言います。)。

これに対して、一郎さんは「三郎さん自身はお金がない(無資力)のに債権者代位権を行使することはできない」と反論しました。

「債務者の資産がなくても債権者代位権を行使することはできるか?」の結果について

太郎さんの主張が認められ、三郎さんからお金を受け取ることができた。

ポイント解説

(1)三郎さんが無資力であるかを問わず、債権者代位権を行使することができるとされた。

⇒ 債務者の代わりに権利を行使する債権者代位権は、債務者自身が無資力であることが原則として必要であるとされている。
もっとも、今回のように一郎さんが登記を移すことを断ったことによって三郎さんもお金を支払うことを拒否していたような場合には、債務者である三郎さんの資力にかかわらず債権者代位権を行使することができるとされた。
そして、一郎さんが三郎さんに登記を移すことになったことによって、三郎さんはお金を支払うのを拒否する権利(これを同時履行の抗弁権という)を失い、太郎さんは三郎さんからお金を受け取ることができるとされた。

その他の解決事例の関連記事はこちら

不動産 債権回収 契約 抵当権

この事例の投稿者

街角相談所 -法律- 編集部

街角相談所 -法律-

編集部