街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

判例要約
rissuru

民法110条と112条の重畳適用をすることはできるのかな~?

ずばり! 重畳適用をすることはできる

なぜ、重畳適用をすることはできるのか?「街角相談所-法律-」
では、実際にあったお話しをもとに解りやすく解説します。

民法110条と112条の重畳適用をすることはできるのか?

実際にあったお話し

第一銀行は、花子さんと消費貸借契約を締結したうえで、花子さんに対して金員を貸し付けました。

その際、花子さんは第一銀行から担保を湯給されたため、花子さんの甥である太郎さんから代理権の授与があったとして、太郎さんを代理し、第一銀行と、太郎さんとの間で消費貸借契約についての保証契約を締結しました。
ところが、実は、太郎さんから花子さんへの本件消費貸借契約についての代理権は与えられておらず、また、花子さんが太郎さんの実印を所持していたのは、別件において太郎さんから代理権を与えられた際に預けられたものであり、別件での代理権も上記保証契約締結時には消滅していました。
そのような状況の中、第一銀行は、花子さんからの上記消費貸借契約に基づく債権が回収困難となったことから、太郎さんに対して、保証契約に基づく保証債務の履行請求を行うために、訴えを起こしました。これに対して、太郎さんは、本件において、花子さんは本件保証契約の締結に関する代理権を有しておらず、さらに、表見代理も成立しえないものであることから、上記第一会社の請求は認めれない旨反論しました。
このような反論は認められるのでしょうか。

「民法110条と112条の重畳適用をすることはできるのか?」の結果について

第一銀行の請求が認められた。

ポイント解説

(1)民法110条と112条の重畳適用の可否

⇒ 本件は民法110条及び112条がそれぞれ直接に妥当する場面ではない。
しかし、これらの規定の法意に照らせば、当該代理人の従前の代理権の消滅について善意無過失の相手方が、その代理人のした当該行為が代理権の範囲内であると信じるにつき正当な理由がある場合には、民法110条及び112条の類推適用によって、表見代理の成立を認めるべきである。
そして、本件第一銀行は、花子の従前の代理権の消滅について善意無過失であり、かつ、花子のした保証契約の締結行為が代理権の範囲内であると信じるにつき正当な理由があるのであるから、本件において表見代理の成立を認めるべきであり、その結果、第一銀行の本件請求は認められるとされた。

その他の解決事例の関連記事はこちら

不動産 債権回収 償却 契約 差押 抵当権 方法 時効 種類 譲渡 通知

この事例の投稿者

街角相談所 -法律- 編集部

街角相談所 -法律-

編集部