街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

判例要約
rissuru

遺言によって遺産を得る人が遺言した者より先に亡くなってしまったら、その他の人は相続できるのかな~?

ずばり! 他の人も相続できる

なぜ、他の人も相続できるのか?「街角相談所-法律-」
では、実際にあったお話しをもとに解りやすく解説します。

遺言によって遺産を得る人が遺言した者より先に亡くなってしまったら、その他の人は相続できるのか?

実際にあったお話し

太郎さんは花子さんと結婚し、一郎さんと二郎さんという子供をもうけました。そして、月日は経ち、二郎さんは裕子さんと結婚し、松子さん・竹子さんという子供をもうけ、孫ができた太郎さん夫婦は幸せな生活を送っていました。

そんな中、太郎さんは交通事故が原因で亡くなってしまい、花子さんも高齢であったことと持病があったことを考え、遺言を作成することを決めました、花子さんが持っている財産は、孫をみせてくれた二郎さんに全て相続させることにし、その内容を書いた遺言を作成しました。

ところが、二郎さんも交通事故によって亡くなってしまい、花子さんは子供である二郎さんが自分よりも先に亡くなってしまったことから悲しみに暮れ、心が病み、結果、花子さんも後を追うように亡くなってしまいました。

そこで、相続に関する話し合いが開始したのですが、一郎さんは「二郎さんが花子さんよりも先に亡くなったことから、遺言は失効したとして、一郎さんが花子さんの財産の半分を相続し、残り半分を松子さんと竹子さんに相続させる」と主張しました。

「遺言によって遺産を得る人が遺言した者より先に亡くなってしまったら、その他の人は相続できるのか?」の結果について

一郎さんの主張が認められ、一郎さんは花子さんの遺産の半分を相続することができるとされた。

ポイント解説

(1)花子さんの遺言には、二郎さんが相続する以外の状況が書かれていなかった。

⇒ 遺産に関する遺言をする者(花子さん)は、相続する資格がある推定相続人(一郎さん・二郎さんたち)との関係においては、遺言をする者と各推定相続人との身分関係や生活関係・各推定相続人の現在や将来の生活状況などの事情を考慮して遺言をすると一般的には考えられている。
今回においては、花子さんの遺産を特定の推定相続人であった二郎さんに単独で相続させる内容の遺産分割の方法を指定しており、このような「相続させる」という内容の遺言をした花子さんは、遺言を書いた時点における特定の推定相続人である二郎さんに花子さん遺産を取得させる意思を持っていただけにとどまるとされ、その他の状況については何も記載されていないことから、二郎さんでない者が相続するのなら、どのように遺産が処理されてもよいと考えていたと判断された。
よって、花子さんの遺言は、遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人であった二郎さんが花子さんより先に亡くなってしまったこと、二郎さんの他に相続させる人を指定してなかったことが考慮され、元々相続する資格があった一郎さんが相続できるとされた。
 そして、本件において、その特段の理由はない。

遺言の解決事例の関連記事はこちら

この事例の投稿者

街角相談所 -法律- 編集部

街角相談所 -法律-

編集部