街角相談所 -法律-過去にあった法律解決事例を基に、あなたのお悩みを解決へ導く
ために始まったお悩まみ解決事例解説サービス 街角相談所 -法律-

判例要約
rissuru

働いてなかった人が交通事故に遭ったら、事故のせいで就労できなくなったとして損害賠償請求できるのかな~?

ずばり! 損害賠償請求できない

なぜ、損害賠償請求できないのか?「街角相談所-法律-」
では、実際にあったお話しをもとに解りやすく解説します。

働いてなかった人が交通事故に遭ったら、事故のせいで就労できなくなったとして損害賠償請求できるのか?

実際にあったお話し

太郎さんは新司法試験に2度落ちてしまったので、万全を期して3度目の試験を受験しようと準備していました。

しかしその矢先、試験の直前に太郎さんが車を運転し、赤信号で停車していたところ、後ろから車に衝突される事故に遭ってしまい、首をねんざするなどのケガを負いました。
幸い、試験を受験することはできたものの、事故で負った怪我の影響で頭痛・頚部痛・腰痛などにより、集中力の持続が困難となったうえに精神的なダメージもあいまって、最後の受験機会であったにもかかわらず、実力を十分に発揮できないまま不合格となってしまいました。

これに対し太郎さんは、後ろから衝突してきた車の運転手に対し、治療費(70万円)・ケガとその影響で試験に不合格となった分の慰謝料(200万円)に加えて、ケガがなおるまで働けなくなった分の損害(200万円)を請求しました。

「働いてなかった人が交通事故に遭ったら、事故のせいで就労できなくなったとして損害賠償請求できるのか?」の結果について

太郎さんの主張は一部認められ、は治療費70万円・慰謝料70万円を受け取ることができたが、働けなくなった分の損害請求は認められなかった。

ポイント解説

(1)司法試験受験生の合格発表までの労働分の損害は認められなかった

⇒ 太郎さんは事故当時、新司法試験の受験準備中であり、事故後に新司法試験を受験したこと、その試験の合格発表は数ヶ月後であったところ、太郎さんはもともと合格発表まで就労する予定はなく、実際に就労していなかった。そのため、事故による負傷のため就労できなかったこと又は療養の期間中就労の見込みがあったことは認められないと判断された。

損害賠償の解決事例の関連記事はこちら

この事例の投稿者

街角相談所 -法律- 編集部

街角相談所 -法律-

編集部