1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 借金・債務整理の事例一覧>
  3. 債権回収>
  4. 後順位抵当権者は消滅時効の援用をすること・・
判例要約
rissuru

後順位抵当権者は消滅時効の援用をすることができるかな~?

ずばり! 消滅時効の援用をすることができない

なぜ、消滅時効の援用をすることができないのか?「街角相談所-法律-」
では、実際にあったお話しをもとに解りやすく解説します。

後順位抵当権者は消滅時効の援用をすることができるか?

実際にあった抵当権に関する話

第一信用組合は、太郎さんとの間で信用組合取引を行っており、それにより生じた債務について太郎さんは不動産に抵当権を設定し登記をしました。
もっとも、太郎さんは一部について弁済しただけでその後は何らの支払もしませんでした。
そのため、第一信用組合は抵当権を実行しようとして、競売の申立てをしました。
他方、その間に、街角会社は不動産のすべてに抵当権の設定を受けました。

その後、街角会社は第一信用組合による貸付金は時効により消滅したと主張して第一信用組合に対して抵当権設定登記の抹消登記手続を求めて訴えを提起しました。
これに対して、第一信用組合は「後順位抵当権者である街角会社は消滅時効を援用することができる者にあたらない」と主張しました。

本件では、後順位抵当権者が時効の援用をすることができる者にあたるかが争点となりました。

「後順位抵当権者は消滅時効の援用をすることができるか?」の結果について

街角会社は時効援用権者にあたらず、訴えは認められないとされた。

ポイント解説

(1)後順位抵当権者は時効を援用できる者にはあたらないとされた。

⇒ 時効を援用することができる者は、時効により直接利益を受ける者とされている。
先順位抵当権の被担保債権が消滅すると、後順位抵当権者の抵当権の順位が上昇し、これによって被担保債権に対する配当額が増加することがあり得る。
もっとも、この配当額の増加に対する期待は、抵当権の順位の上昇によってもたらされる反射的利益にすぎず、後順位抵当権者は時効により直接利益を受ける者にはあたらないとされた。

債権回収の解決事例の関連記事はこちら

この事例の投稿者

街角相談所 -法律- 編集部

街角相談所 -法律-

編集部

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を
匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター