1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 債権回収の事例一覧>
  3. その他>
  4. 民法109条と民法110条いずれの要件も・・
判例要約
rissuru

民法109条と民法110条いずれの要件も満たさないときに、これらを重畳適用して表見代理の成立を認めることはできるのかな~?

ずばり! 表見代理の成立を認めることはできる

なぜ、表見代理の成立を認めることはできるのか?「街角相談所-法律-」
では、実際にあったお話しをもとに解りやすく解説します。

民法109条と民法110条いずれの要件も満たさないときに、これらを重畳適用して表見代理の成立を認めることはできるのか?

実際にあったお話し

太郎さんは、典之さんの代理人である一郎さんに山林の一部を売却しました。

その際、太郎さんは典之さんに対する本件山林の一部の登記を移転させるために、白紙委任状を、一郎さんを介して、典之さんに交付をしました。
その後、典之さんは花子さんとの本件山林の一部の売却について、一郎さんを代理人として交渉にあたらせていました。

ところが、一郎さんは花子さんとの交渉に際して、自分は典之さんの代理人であることを告げず、白紙委任状を利用して、太郎さんの代理人であると告げました。
そして、花子さんとの間で山林の一部ではなく、全部についての売買契約を締結してしまいました。

その後、花子さんは太郎さんに対して、本件売買契約に基づいて、本件山林の所有権移転登記手続を求めて訴えを起こしました。
このような訴えは認められるのでしょうか?

「民法109条と民法110条いずれの要件も満たさないときに、これらを重畳適用して表見代理の成立を認めることはできるのか?」の結果について

花子の請求は認められる。

ポイント解説

(1)民法109条と110条の重畳適用について

⇒ 本件事実によれば、一郎さんは太郎さんから何らの代理権を授与されていない。それにもかかわらず、一郎さんは太郎さんの代理人のようにふるまい、花子さんもその旨誤信したものといえる。
もっとも、本件において、一郎さんは、太郎さんから本件白紙委任状の交付を直接受けており、その行為は、太郎さんの一郎さんに対する信頼に基づくものであることに相違ない。
そうだとすれば、太郎さんは花子さんに対して、一郎さんに本件売買契約についての代理権を与えた旨表示したものということができるのである。
そして、花子さんは一郎さんが太郎さんから本件売買契約締結について代理権を与えられた旨信じるにつき正当な理由があるのであるから、民法109条及び110条の重畳適用によって、表見代理が成立し、花子さんの太郎さんに対する請求は認められるとされた。

その他の解決事例の関連記事はこちら

不動産 債権回収 償却 契約 差押 抵当権 方法 時効 種類 譲渡 通知

この事例の投稿者

街角相談所 -法律- 編集部

街角相談所 -法律-

編集部