1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 借金・債務整理>
  3. 保証人
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金・債務整理 における 保証人 とは

保証債務を負う人いい、保証とは、主たる債務者が債務を履行しない場合に、その債務を主たる債務者に代わって履行する義務を負うことをいいます。一度、保証人となってしまったがためにトラブルに巻き込まれることは多々あります。しかし、保証人であるからといって一方的に債務の履行を負うわけではなく、対処する手段も法律上予定されており、弁護士に相談することでそのトラブルを解決することができるかもしれません。街角探偵相談所-法律-ではそんなお悩みを解決するためのヒントになる事例を豊富に擁してますので、その中から自分のお悩みの解決策の糸口を見つけ出しましょう。

ギャンブル ヤミ金 任意整理 保証人 個人再生 借金 債務者 免責 弁護士 時効 消費者金融 滞納 破産 自殺 財産分与 連帯保証人 過払い金 離婚

借金・債務整理 における 保証人 に関連する事例一覧

1
  • Q. 期限が決まっていなかった契約を一方的に解約しても良いのか?

    A.解約しても良い

    これは契約期限を設けていない取引の解約のタイミングについて争った話です。 男性は継続的な売買取引の契約をしてました。 しかし、支払いを滞納しており支払額が大きくなりすぎたので取引中止していました。 再開したものの、また支払いの滞納があり支払えなくなったため取引を中止しました。 結局支払いが難しいと考えて契約を解約したいと伝えたところ、保証債務の履行を求めて訴えられて裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 連帯保証人 / 保証人 /
  • Q. 親の代理人であるとウソをついて契約し、親が死亡して契約の権利を相続したら、その契約は有効になるのか?

    A.無効になる

    これは代理人として嘘をついて契約したが、契約内容を相続したことで本人が契約した事になったために、契約が有効であるかを争った裁判です。 父の代理人であると嘘付いて契約を結びました。 そのことはバレてしまったため父は契約を認めていませんでしたが、父は死亡してしまいました。 父が死亡したことで、相続が発生しました。 相続したことで契約も相続することになりました。 その結果、ウソを付いた契約も正当になるとして裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 連帯保証人 / 保証人 / 債務者 /
  • Q. 勝手に印鑑を使われて保証人にされた契約は無効にできるのか?

    A.無効にできる

    これは元配偶者に印鑑を勝手に使用されて連帯保証人の契約を結ばされた場合にその契約書が有効なものかを争った話です。 会社が借金するときに保証契約書を作成しました。 その保証契約書に捺印されている印鑑は元配偶者の印鑑を勝手に使用しているものでした。 その結果、元配偶者に対して借金返済の請求を求めれました。 元配偶者は保証契約書に署名捺印していないのに契約されることは無効であるとして、裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 連帯保証人 / 保証人 / 債務者 / 借金 / 離婚 /
1
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を
匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター