1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 借金・債務整理>
  3. 債務整理
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金・債務整理 における 債務整理 とは

ギャンブル ヤミ金 任意整理 保証人 個人再生 借金 債務者 免責 弁護士 時効 消費者金融 滞納 破産 自殺 財産分与 連帯保証人 過払い金 離婚

借金・債務整理 における 債務整理 に関連する事例一覧

1
  • Q. 民事再生手続き中に詐害行為取消権を行使できるのか?

    A.詐害行為取消権を行使できない

    男性は友人に15億円を貸していました。 返済してもらえない可能性を考え、別の女性を連帯保証人に設定しました。 その後、女性は民事再生手続きを開始しました。 そこで男性は再生手続きにおいて女性が連帯保証していたため15億円についても再生債権として届け出ました。 さらに女性が民事再生手続きを進めるにあたった経緯についても詐害行為であると主張して裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 弁護士 / 債務者 / 借金 / 個人再生 /
  • Q. 借金を抱えている者が破産しそうなら、債権者による土地建物の仮登記手続きは否認できるのか?

    A.仮登記手続きは否認できる

    これは債務者が破産しそうになったことを知って、財産を事前に回収することにおいて争った話です。 男性は自分の土地を担保に入れてお金を借りました。 その後、お金が無くなった男性は破産することになりました。 お金を貸した会社は、男性が破産する前に仮登記を行いました。 破産手続きが始まると、破産管財人が破産することを知ってから財産を受け取ることを 否認するとして裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 破産 / 弁護士 / 債務者 / 借金 /
  • Q. 債務整理の処理を間違えた弁護士損害賠償請求できるのか?

    A.損害賠償請求できる

    男性はギャンブルがやめられず友人や家族、消費者金融か借金をしていました。 借金で首が回らなくなったところで、父が亡くなり相続することになりました。 そこで受け取ったものはほとんど消費者金融への返済に充てました。 しかし、いくら支払っても借金が減らなかったため弁護士に相談しました。 弁護士は債務整理することで借金を返済できると言っていました。 しかし、実際に手続きを進めると消滅時効があるものなどがあり返済できないことが発覚しました。 男性は弁護士の債務整理にミスがあったとして損害賠償を求めて裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 過払い金 / 時効 / ギャンブル / 債務者 / 借金 / 任意整理 /
  • Q. 依頼した債務整理を弁護士の一方的な判断で辞任されたら、慰謝料請求できるのか?

    A.慰謝料請求できる

    これは債務整理を依頼した弁護士が一方的に辞任したため慰藉料の請求をするために争った話です。 女性は職場の変更で給与が減ってしまったため学費などが支払えず、借金が増えていきました。 借金が減らないため弁護士に相談して債務整理を行なうことになりました。 しかし、手続きの過程で弁護士と女性は連絡が途絶えがちとなりました。 女性とは連絡ができないため、弁護士は債務整理の仕事を辞退してしまいました。 債務整理が進んでいると思っていた女性は給与の差し押さえを受けることになってしまいました。 女性は弁護士の説明義務を怠ったために精神的な苦痛を受けたとして慰藉料の請求するために裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 破産 / 弁護士 / 債務者 / 任意整理 /
1
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を
匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター