1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 借金・債務整理>
  3. 債権回収
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金・債務整理 における 債権回収 とは

ギャンブル ヤミ金 任意整理 保証人 個人再生 借金 債務者 免責 弁護士 時効 消費者金融 滞納 破産 自殺 財産分与 連帯保証人 過払い金 離婚

借金・債務整理 における 債権回収 に関連する事例一覧

1
  • Q. 後順位抵当権者は消滅時効の援用をすることができるか?

    A.消滅時効の援用をすることができない

    男性は信用組合と信用組合取引をしていました。 その取引において債務が発生すると男性は不動産を抵当権を設定していました。 信用組合は不動産を競売にかけました。 同じタイミングで他の会社が男性の不動産のすべてに抵当権の設定を受けました。 その後、会社は信用組合による貸付金は時効消滅したと主張して抵当権設定登記の抹消登記手続を求めて裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 消費者金融 / 時効 / 債務者 /
  • Q. 自分の債務が別の債務者に移ったら、効力はあるのか?

    A.効力はある

    これは未確定な支払いに関して争った話です。 男性は新居の建設のために建築会社と契約しました。 この建設途中でお金の支払が必要になり建築会社は建築費用の一部を他の人に支払いました。 その後、建築会社は建設が完了したところで手元にお金が入るわけではないため工事を中断してしまいました。 結局、男性と建築会社は契約を解除することになりました。 しかし、建設会社に建築費用の一部を受け取る予定だった人が納得できず男性に支払いを求めて裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 弁護士 / 債務者 / 借金 /
  • Q. いまだ発生していない債権の譲渡を受けることはできるのか?

    A.債権の譲渡を受けることができる

    これはまだ確定していない債権についても譲渡することが出来るのかを問われた話です。 ある医者がリース会社契約し、支払いのために将来的に患者から受け取る予定の診療代の回収権利を受け渡しました。 しかし、受け取れる金額については見込みの金額であり確定しているものではありませんでした。 この状態で医者は納税を怠っていたため患者から受け取る予定の診療代の一部を国に差し押さえられました。 患者はリース会社と国どちらに支払う必要があるのかわからないため一時的に供託所に預けました。 国は「未確定な債権の回収はできないため、供託所ではなく国に支払うべき」と主張して裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 滞納 /
  • Q. 抵当権者が抵当権の目的物に住む者を追い出すことができるのか?

    A.追い出すことができる

    これは抵当権者が抵当権の対象不動産住んでいる人を追い出す話です。 建築会社が女性と建物の請負契約をしました。 しかし、建物が完成してからも女性が代金を支払わなかったため、建物の引き渡しを留保しました。 その後、代金を全額支払いと建物への抵当権を設定、無断での転貸禁止などを条件もとに女性に建物を引き渡しました。 しかし、女性は代金を支払うこともなくかつ、無断で転貸していました。 一向に約束を守らないため、無断で転貸していた人に不動産の明け渡しを求めて裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 弁護士 / 債務者 / 滞納 /
  • Q. 車の名義を登録しないまま債務者が倒産してしまったら、お金を立て替えていたクレジット会社は車の引き渡しを要求できるのか?

    A.車の引き渡しを要求できない

    これは破産時に名義変更していない車の回収を求めて争った話です。 男性は車が欲しくなったため購入することにしました。 しかし、お金がなかったため持っている車の下取りをして足りない分を建て替えてもらいました。 立て替える際に所有権や使用者についての取り決めを契約しました。 男性は無事車を手に入れましたが、借金が増えてしまい破産することになってしまいました。 男性と立て替える契約をしていた会社は車の回収を求めて裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 破産 / 債務者 / 借金 / 免責 / 個人再生 /
  • Q. 離婚における財産分与があまりにも大きすぎる場合、その他の債権者は取り消しを求めることができるのか?

    A.慰謝料を減額することができる

    これは離婚の慰謝料のせいで借金が返済できないため慰謝料を減らそうと争った話です。 男性は会社を経営していたものの経営がうまく行かず借金がありました。 結局、会社は倒産してしまい夫婦関係も悪化して離婚することになりました。 離婚に際しては多額の慰謝料を求められました。 慰謝料と借金返済の配分に債権者が納得できなかったため、妻に対した多額の慰藉料を渡すことは詐害行為であると主張して裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 債務者 / 財産分与 / 借金 / 離婚 /
  • Q. 離婚の慰謝料が原因で借金を返してもらえない場合、金融業者は慰謝料を減額できるのか?

    A.慰謝料を減額することができる

    これは離婚の慰謝料のせいで借金が返済できないため慰謝料を減らそうと争った話です。 男性は金銭感覚や性格などを理由に離婚することになりました。 離婚に際しては多額の慰謝料を求められました。 男性は慰謝料の支払いを滞納したため給料の差押えが行われてしまいました。 しかし、男性は借金があったため金融業者は返済してもらえなくなりました。 金融業者はそもそも離婚の慰謝料が高すぎるので減額が必要であると主張して裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 債務者 / 財産分与 / 離婚 /
  • Q. 法務省の許可を受けないで不良債権を譲り受けて取り立て請求したらどんな措置が取られるのか?

    A.罰金と執行猶予付きで懲役となる

    これは法務省の許可無く不良債権の取り立てを行なったため争った話です。 男性は貸金業の会社を設立しました。 しかし、実際にはお金を貸しておらず、消費者金融から委託して取り立てをしていました。 この取り立てを法務省の許可無く、行っているということが問題になりました。 しかし、男性としては債務者が勝手に支払ってきているだけだと主張したことで裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 消費者金融 / ヤミ金 /
1
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を
匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター