1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 借金・債務整理>
  3. 過払い金
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金・債務整理 における 過払い金 とは

クレジット会社や消費者金融などで貸金業者に支払い過ぎていた利息のことをいいます。昔は消費者金融やクレジット会社は、グレーゾーン金利と呼ばれる、民法では無効だが刑事罰は科せられない金利を利用して、違法に利息を取り続けてきました。そのため、長年借金の返済を続けている方には、過払い金が発生している可能性があります。お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められています。しかし、2007年くらいまでは多くの消費者金融やカード会社がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。利用している(していた)貸金業者やクレジット会社の利息が低くなって10年を過ぎても、最後に返済などの取引をしてから10年経過していなければ、まだ過払い金が取り戻せるかもしれません。どんな理由・原因の借金でも、過払い金を取り戻すことができます。個人で専門家に依頼して過払い金請求すると、過払い金を取り戻すことができます。自身の状況に応じて、過去の事例を参考に過払い金を請求できるかを確認してみましょう。街角探偵相談所-法律-ではそんなお悩みを解決するためのヒントになる事例を豊富に擁してますので、その中から自分のお悩みの解決策の糸口を見つけ出しましょう。

ギャンブル ヤミ金 任意整理 保証人 個人再生 借金 債務者 免責 弁護士 時効 消費者金融 滞納 破産 自殺 財産分与 連帯保証人 過払い金 離婚

借金・債務整理 における 過払い金 に関連する事例一覧

1
  • Q. 又貸しされた物を修理したら、修理代を持ち主に請求できるのか?

    A.修理代を請求できる

    これは貸した物を又貸しされて修理した時に誰が修理代を支払うか争った話です。 修理業者の人が修理依頼を受けていました。 修理が完了して修理代金を請求すると、 「借りた物だから私は修理代金は支払わない」と言われました。 修理業者が持ち主に修理代金を請求すると、 「すでに他の人に売却しているため支払わない」と言われました。 修理業者は誰に修理代金を請求できるのかが裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 過払い金 / 債務者 /
  • Q. 賃金業者が取引履歴の開示を拒んだら、取引履歴の開示と同時に慰謝料請求できるのか?

    A.取引履歴の開示と慰謝料請求できる

    これは貸金業者が取引履歴の開示を拒んだために債務整理に時間がかかったため慰藉料を求めて争った話です。 男性は長期間、貸金業者に借金の借入と返済を繰り返していました。 借金の問題が解決しないため債務整理をすることにしました。 弁護士に相談してみると過払い金の可能性があるという話になりました。 貸金業者に取引履歴を開示を求めたが拒否されたため債務整理の開始まで時間がかかってしまいました。 男性は取引履歴を開示してくれないのは違法であること、債務整理が遅れてしまうことで精神的な苦痛を受けたとして慰藉料の請求をするために裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 消費者金融 / 過払い金 / 債務者 / 借金 /
  • Q. いつの時点から10年が経過すると過払い金は時効消滅するのか?

    A.支払い完了から10年以内となる

    これは過払い金の時効はいつの時点から考える必要があるのかを問われた話です。 男性は貸金業者と20年以上お金を借りて返してを繰り返していました。 返済の途中で法律で定められた利息よりも支払いすぎていいることが判明しました。 男性は貸金業者に対して過払い金の請求を行いましたが、払いすぎている利息は10年以上前に返済しているため時効であるとして返還しないと主張しました。裁判では時効のタイミングについて問われました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 消費者金融 / 過払い金 / 時効 /
1
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を
匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター