1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 借金・債務整理>
  3. ギャンブル
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金・債務整理 における ギャンブル とは

金銭や品物などを賭けて勝負を争うゲームのことをいいます。 金銭や品物などの財物を賭けて、(偶然性の要素が含まれる)勝負を行い、その勝負の結果によって、負けた方は賭けた財物を失い、勝った方は(なんらかの取り決めに基づいて)財物を得る、と言う仕組みになっています。日本の場合だと身近なものではパチンコや競馬などがその代表的な例といえます。ギャンブルによって負けたお金を取り返すために借金をし、また負けて、また借りるというような形で借金が膨らんでしまう人は多いです。このように膨大な借金で首が回らなくなってしまったとしても、弁護士に相談し、債務整理を行うことでその負担を減らすことは可能です。自己破産についてはギャンブルは免責許可の降りるケースと降りないケースがあるため注意が必要です。街角探偵相談所-法律-ではそんなお悩みを解決するためのヒントになる事例を豊富に擁してますので、その中から自分のお悩みの解決策の糸口を見つけ出しましょう。

ギャンブル ヤミ金 任意整理 保証人 個人再生 借金 債務者 免責 弁護士 時効 消費者金融 滞納 破産 自殺 財産分与 連帯保証人 過払い金 離婚

借金・債務整理 における ギャンブル に関連する事例一覧

1
  • Q. 違法賭博に使うために借りたお金は返さなくていいのか?

    A.返さなくていい

    これは違法に使用する事がわかっていながら貸したお金は返さなくていいと主張するため争った話です。 男性は違法賭博に使うためにお金が必要であることを伝えて友人からお金を借りました。 その後、友人は借金の回収する権利を別の友人に譲りました。 友人が男性に借金の返済を求めたところ「違法に使用することがわかっていながら貸したお金は返さなくていい」と主張して、借金の支払いを拒否したことで裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 ギャンブル / 債務者 / 借金 /
  • Q. 債権者破産した者が破産する前にしていた債権者の利益を害する行為を取り消すことができるのか?

    A.行為を取り消すことができない

    これは破産者の破産前の行動について問われた話です。 会社の取引契約の際に代表とその妻を連帯保証人にしました。 ある日、妻は友人に相場の90分の1の破格で株券を売却しました。 その後、会社の連帯保証人として借金の支払いが必要になりました。 そこで弁護士に相談して破産することになりました。 しかし、破産手続きの際に妻が友人に株券を正当金額で売却していたなら借金は支払うことが出来たはずとして詐害行為に当たるのではないかとして裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 破産 / 弁護士 / 債務者 / 借金 / 免責 /
  • Q. 体感器を利用してパチスロでメダル獲得したら、窃盗罪となるのか?

    A.窃盗罪として罪に問われる

    これはパチスロで違法行為をおこなうことが窃盗罪にあたるのか問われた話です。 男性はパチスロでゴト行為と呼ばれる違法行為で不正に大量のメダルを手に入れていました。 方法としては「体感器」という電子機器を使い、大当たりを連続させていました。 しかし、パチンコ店の店員にゴト行為を見らて警察に逮捕されてしまいました。 男性は窃盗罪として起訴されましたが、太郎さんは獲得した1,524枚のメダルのうち、すべてがゴト行為によって取得されたものではないとして、その分の罪を減らせるよう主張しました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 ギャンブル / 借金 /
  • Q. 株式投資により多額の借金を抱えて破産した者免責許可を受けることができるのか?

    A.免責許可を受けることができる

    これは株式投資により抱えた多額の借金を自己破産で免責許可することが出るのかを問われた話です。 男性は普通のサラリーマンでしたが、株式投資をはじめました。 しかし、上手くはいかず多額の借金を抱えてしまいました。 株式投資の借金を取り返すために更に多額の借金を借り入れて再挑戦しました。 結局株価が大暴落して大きな損害を被ってしまいました。 会社を退職し、退職金や自宅の売却金を借金の返済に充てても借金が残ってしまったため破産することになりました。 破産手続きの際に株式投資が浪費に該当するとされてしまい免責許可が降りませんでした。男性は株式投資は浪費ではないため免責許可が降りるはずであると...

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 破産 / ギャンブル / 債務者 / 借金 / 免責 /
  • Q. 裁判所の破産に関する手続きの際に、ウソの説明をしたことが原因で免責不許可となるのか?

    A.免責不許可となる

    これは破産するときに嘘をついた男性の免責許可について問われた話です。 男性はギャンブル癖があり韓国でギャンブルを繰り返していました。 ギャンブルで負けるとサラ金や家族などに多額の借金をし続けました。 一向にギャンブルを辞めることが出来ず、とうとう自己破産することになりました。 破産手続きの際に、ギャンブルはしていない、借金の原因は交際接待費というウソの供述をしました。 結局、嘘の説明がバレてしまい免責許可が降りませんでした。 男性は交友接待費は免責許可が降りるはずであるとして裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 連帯保証人 / 破産 / ギャンブル / 債務者 / 借金 / 免責 /
  • Q. ギャンブルで借金を抱えたり、うその報告をしてお金を借りた人は破産できるのか?

    A.破産することができない

    これはギャンブルが原因で借金してが嘘をついて自己破産する話です。 男性はギャンブル癖があり金融業者に借金をし続けていました。 借金返済のために借金をし始めたため、弁護士に給料を管理してもらいながら返済をはじめました。 それでも借金をし続けて、嘘をついてクレジットカードを契約しました。 その後、借金が積り積もっていきました。最終的に退職金を返済に充てたもののまだ借金が残っていたために自己破産することになりました。 しかし、借金の原因がギャンブルであることや嘘をついてお金を借りていたことなどを理由に免責許可が降ろせないとして裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 破産 / ギャンブル / 借金 /
1
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を
匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター