1. 街角相談所 -法律 - TOP>
  2. 借金・債務整理
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金・債務整理 とは

借金問題を解決する場合には、それぞれのケースに応じて、任意整理や自己破産など最適な解決方法は様々です。このため、ご自身のケースでは、どの手続きが最適なのか、またその場合の費用の相場がどれくらいなのかを、事前にしっかりと確認することが大切です。街角探偵相談所-法律-ではそんなお悩みを解決するためのヒントになる事例を豊富に擁してますので、その中から自分のお悩みの解決策の糸口を見つけ出しましょう。

ギャンブル ヤミ金 任意整理 保証人 個人再生 借金 債務者 免責 弁護士 時効 消費者金融 滞納 破産 自殺 財産分与 連帯保証人 過払い金 離婚

借金・債務整理 の事例一覧

1 2 3 4 5
  • Q. 破産における免責は債権者としては債権を没収されるのと同じであり、財産権に反する違法にならないのか?

    A.財産権に反する違法にならない

    これは破産して免責した場合、債権者の債権を没収されることは財産権に反する違法しないのかを問われた話です。 男性は破産して免責許可が決定しました。男性にお金を貸していた銀行としては免責許可は本来請求できた債権を回収しないことは債務者に利益を与えることは公共の利益に反する行為であるとして憲法に反するとして裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 破産 / 債務者 / 借金 /
  • Q. 民事再生手続きの一部のみを用いる目的をもって再生手続きを申し立てたら、申し立てが許容されるか?

    A.申し立ては許容されない

    これは民事再生手続において担保権消滅許可制度の使用について争った話です。 会社の倒産危機があったときに他の会社に土地の一部を抵当権に設定していました。 しかし、会社との関係が悪化したため抵当権を消滅させたくなりました。 そこで、民事再生手続きの担保権消滅許可制度というものを行使して抵当権を消滅させることにしました。 改めて、民事再生手続きを申し立てました。 しかし、再生手続きが開始するためには不当な目的で申し立てがなされていないことという要件をもとに無効であるとして裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 破産 / 借金 /
  • Q. 後順位抵当権者は消滅時効の援用をすることができるか?

    A.消滅時効の援用をすることができない

    男性は信用組合と信用組合取引をしていました。 その取引において債務が発生すると男性は不動産を抵当権を設定していました。 信用組合は不動産を競売にかけました。 同じタイミングで他の会社が男性の不動産のすべてに抵当権の設定を受けました。 その後、会社は信用組合による貸付金は時効消滅したと主張して抵当権設定登記の抹消登記手続を求めて裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 消費者金融 / 時効 / 債務者 /
  • Q. 自分の債務が別の債務者に移ったら、効力はあるのか?

    A.効力はある

    これは未確定な支払いに関して争った話です。 男性は新居の建設のために建築会社と契約しました。 この建設途中でお金の支払が必要になり建築会社は建築費用の一部を他の人に支払いました。 その後、建築会社は建設が完了したところで手元にお金が入るわけではないため工事を中断してしまいました。 結局、男性と建築会社は契約を解除することになりました。 しかし、建設会社に建築費用の一部を受け取る予定だった人が納得できず男性に支払いを求めて裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 弁護士 / 債務者 / 借金 /
  • Q. いまだ発生していない債権の譲渡を受けることはできるのか?

    A.債権の譲渡を受けることができる

    これはまだ確定していない債権についても譲渡することが出来るのかを問われた話です。 ある医者がリース会社契約し、支払いのために将来的に患者から受け取る予定の診療代の回収権利を受け渡しました。 しかし、受け取れる金額については見込みの金額であり確定しているものではありませんでした。 この状態で医者は納税を怠っていたため患者から受け取る予定の診療代の一部を国に差し押さえられました。 患者はリース会社と国どちらに支払う必要があるのかわからないため一時的に供託所に預けました。 国は「未確定な債権の回収はできないため、供託所ではなく国に支払うべき」と主張して裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 滞納 /
  • Q. 抵当権者が抵当権の目的物に住む者を追い出すことができるのか?

    A.追い出すことができる

    これは抵当権者が抵当権の対象不動産住んでいる人を追い出す話です。 建築会社が女性と建物の請負契約をしました。 しかし、建物が完成してからも女性が代金を支払わなかったため、建物の引き渡しを留保しました。 その後、代金を全額支払いと建物への抵当権を設定、無断での転貸禁止などを条件もとに女性に建物を引き渡しました。 しかし、女性は代金を支払うこともなくかつ、無断で転貸していました。 一向に約束を守らないため、無断で転貸していた人に不動産の明け渡しを求めて裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 弁護士 / 債務者 / 滞納 /
  • Q. 父になりすまして連帯保証人になり、相続した場合に連帯保証人も相続されるのか?

    A.連帯保証人も相続されない

    これは無断で父の代理人として連帯保証人になり、相続が発生して効力があるのかを問われた話です。 男性は許可がない状態で父親の代理人として賃金債権の連帯保証人になりました。 数年後に父親が死亡しまい、家族に相続が発生しました。 その後、男性が貸金全額の請求をされました。 形式的には父親が連帯保証人なっていいたものの、実際には男性が契約した連帯保証あり返済しないといけないのではないかとして裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 連帯保証人 / 弁護士 / 債務者 /
  • Q. 期限が決まっていなかった契約を一方的に解約しても良いのか?

    A.解約しても良い

    これは契約期限を設けていない取引の解約のタイミングについて争った話です。 男性は継続的な売買取引の契約をしてました。 しかし、支払いを滞納しており支払額が大きくなりすぎたので取引中止していました。 再開したものの、また支払いの滞納があり支払えなくなったため取引を中止しました。 結局支払いが難しいと考えて契約を解約したいと伝えたところ、保証債務の履行を求めて訴えられて裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 連帯保証人 / 保証人 /
  • Q. 保証人が少しでも借金を返済した時点で時効期限は延長してしまうのか?

    A.時効期限は延長する

    これは連帯保証人になった人が借金を一部でも返済していた場合、借金の時効が中断されてしまうのかを争った話です。 連帯保証人になった人が借金の返済を求められて一部返済をしてしまいました。 借金は返済等がない場合、5年で消滅時効を迎えた場合、返済義務が無くなります。 しかし、最後に返済などの手続きを行った場合、その時点から5年となります。 この裁判では連帯保証人が返済している場合にも時効は伸びるのかを問う為に裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 時効 / 連帯保証人 / 保証人 / 破産 / 債務者 /
  • Q. 親の代理人であるとウソをついて契約し、親が死亡して契約の権利を相続したら、その契約は有効になるのか?

    A.無効になる

    これは代理人として嘘をついて契約したが、契約内容を相続したことで本人が契約した事になったために、契約が有効であるかを争った裁判です。 父の代理人であると嘘付いて契約を結びました。 そのことはバレてしまったため父は契約を認めていませんでしたが、父は死亡してしまいました。 父が死亡したことで、相続が発生しました。 相続したことで契約も相続することになりました。 その結果、ウソを付いた契約も正当になるとして裁判になりました。

    ≫ 理由をみる

    借金・債務整理 連帯保証人 / 保証人 / 債務者 /
1 2 3 4 5
  • ▼フリーワードで検索する

  • ▼カテゴリで検索する

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を
匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーター

【借金が100万円減ることもある?】
簡単1分!あなたの借金がいくら減るのか?いくら戻ってくるのか?を匿名無料で診断できます!

誰でも気軽に診断できるので
↓こちらから↓診断してみて下さい!
借金減額シミュレーター